自宅で手軽に水素水生活をするならウォーターサーバー

水素水ウォーターサーバーとは?

水素水

ウォーターサーバーを自宅に設置する家庭も多く見かけますよね。実は、水素水を作れるウォーターサーバーもあり、家庭でも手軽に水素水を作って飲むことができます。

水素水の作り方や給水方式などによって種類が分かれているので、好きなタイプや家庭に合ったものを選ぶことができます。また、購入するかレンタルするかも選べるため、予算やメンテナンスなども含めて、自分にあったタイプを慎重に選ぶことがコツです。

なかには、設置に水道工事が必要なものもあります。しかし、その分、その後の給水がラクになるなどメリットもあるため、「どれがいい」というのは人によってさまざまで一概には言い切れません。

水素水ウォーターサーバーを選ぶときに必要なチェックポイントを押さえて、自分の家庭に合ったものを選びましょう!

水素水ウォーターサーバーの種類をチェックしよう

水素水

水素の発生方式による違いとメリット・デメリット

水素水ウォーターサーバーの違いは、水素の発生方式にあります。その種類は「飽和式/電極非接触方式」「電気分解方式」「化学反応方式」の3つ分けられます。

<飽和式/電極非接触方式>

飲む水とは別の水を電気分解して、水素を発生させ、飲用水に水素を溶かしこむ方法で水素水を生成します。飲料水の性質を変えずに水素水に変えることができるため、高濃度でかつおいしい水素水を作ることができるメリットがあります。水素水の生成に時間がかかることと、サーバーの価格が高いというデメリットが難点です。

<電気分解法式>

電気分解によって、水素を発生させるのですが、飽和式と異なる点は、それを飲用水で直接行うという点です。サーバー自体の価格が、比較的安く、水素水の生成も短時間で完了します。ただ、水素水にした水はアルカリ性によってしまうため、味に変化がある可能性もあることと高い濃度の水素水の生成ができないデメリットがあります。

<化学反応方式>

水の入ったタンクやパックの中に、マグネシウムスティックなどを入れて水素を発生させる方法が、化学反応方式です。手軽で安価な方法ですが、濃度を高くしようとすると何時間もかかってしまい、短時間では水素濃度が低くなってしまう点がデメリットです。

給水方式による違いとメリット・デメリット

給水方式は「水道直結」「ボトル装着」「汲み取り」の3つがあります。

<水道直結>

水道管と直接水を供給するため、一度工事して取り付けてしまえば、水を追加する心配もなく、別途ボトルなどを購入する必要もない給水方式です。大掛かりな水道工事が必要で、初期費用が高額な点がデメリットとなります。

<ボトル装着>

よくあるウォーターサーバーと同様に、水をボトルで購入し、サーバーへ装着するタイプです。水を買う手間や保管しておく場所の確保なども必要になりますが、浄水が届くためおいしいお水で水素水が飲めるメリットもあります。

水素水ウォーターサーバーだけにこだわらずに検討しよう

水素水はウォーターサーバー以外でも飲める

水素水のウォーターサーバーは、レンタルか購入か、どちらを選ぶかによっても、費用のかかり方が変わってきますが、毎月水素水を購入する手間がなくなる点は、忙しい日々を送る人にとってはメリットとなります。

ただし、高い水素濃度のものを飲む、という目的で見ると、高価なサーバーを購入するか、濃度はあまり期待しないか、のどちらかになってしまいます。パッと見の価格では、安くなるため不安があるかもしれませんが、水素水の濃度でいえば、アルミパウチに入っているものは、高い濃度が維持されているためおすすめです!

アルミパウチに入っている水素水のなかでもおすすめのものを集めてランキング化した結果をこちらのページにまとめています。ウォーターサーバーだけでなく、アルミパウチに入った水素水もチェックしてみてはいかがでしょうか?

水素水ランキングはこちら水素水ランキングはこちら

TOPへ