ペットボトル入りの水素水とは?

水素水はペットボトルに入っていても大丈夫なの?

水素水

持ち運びに便利でフタをすればカバンの中にも入れておけるペットボトルの水素水。使い慣れているペットボトルで水素水を飲めたらラクですよね。ところが、水素水をペットボトルに入れても、水素が抜けてしまって飲む頃にはただの水になってしまっているというウワサもあるため、不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

実は、そのウワサ通りペットボトルからは水素が抜けていってしまいます。その理由は後ほどご紹介しますが、ペットボトルに入れていても問題なく水素水を飲めるケースもあります。それが、スティックタイプの水素水です。

スティックタイプの水素水生成器は、水の中に入れておくことで水素を発生させるものです。次々に水素が発生するため、ペットボトルでも水素が抜けていくと同時に水素が発生するため、水素濃度もそこまで低下せずに飲むことができます。

ペットボトルの水素水=意味なし、ではなく、生成方法なども含めてチェックするのがポイントです。

ペットボトル水素水の仕組みを知ろう

水素水

ペットボトル入り水素水のメリット・デメリット

持ち運びしやすいこと、安価で手に入ることがメリットです。製品として販売されている場合でも、よくある水素水のパッケージであるアルミパウチよりも安く作れるため、水素水としての定価も安くなります。

デメリットは、やはりペットボトルでは、水素が抜けてしまう点にあります。そもそもペットボトルは、気体透過性という性質をもつ物質です。気体透過性とは、気体が通過してしまう性質のこと。分子が大きいため、さまざまな気体が通り抜けてしまいます。

水素分子は、現在判明しているなかでも最小の分子だといわれています。そのため、ペットボトルはカンタンに通過できてしまいます。気体は圧力が高いところから低いところへ流れる性質があり、ペットボトル内部の圧力よりも低い外部へ水素が抜けていってしまいます。

こうしたメカニズムで、水素はペットボトルの中にとどまれないため、約24〜27時間後にはペットボトルから全ての水素が抜けて出てしまうとされています。

安くて携帯に便利、でも水素は抜けちゃう?!ペットボトル水素水

水素水はペットボトルよりもアルミパウチがよさそう?

価格の高いものが多い水素水のなかで、ペットボトル入の水素水は安くて携帯にも便利だというメリットがあります。しかし、水素が抜けやすいため、高濃度で効果のある水素水を飲みたいときには、あまり向いていない素材だともいえます。

同じように持ち運びしやすい水素水の容器にアルミパウチがあります。アルミパウチは、水素も抜けにくいため、高濃度の水素水を飲むことができます。アルミパウチに入った水素水にはたくさんの種類があるため、「どれを選べばいいのかわからない」という人は、こちらのページでおすすめ商品をチェックしてみましょう。人気ランキングや開封時の水素濃度を測った実験結果とともにご紹介しています!

水素水ランキングはこちら水素水ランキングはこちら

TOPへ