水素水生成器とは?種類とタイプ別の特徴

水素水生成器の種類

水素水

水素水生成器とは、何かしらの形で水素量を増やした水を作る機器のことを指しています。大きなものから、持ち運びできる手軽なものまでさまざまあり、それぞれの特徴をよく理解したうえで選ぶのがポイントとなります。

生成器の種類は、以下の通りです。

  • 水道直結型
  • サーバー型
  • 携帯型
  • ウォーターサーバー型
  • スティック型
  • 生成キット型

それぞれ、特徴が異なるため、自分や家族の好みや生活スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

生成器タイプ別の特徴

水素水生成器のなかでも、水道直結型・サーバー型・携帯型の3つの特徴をご紹介します。ウォーターサーバーや水素スティックはそれぞれ別のページで詳しくご紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

<水道直結型>

水道に直接つけているタイプで、蛇口付近につけることで出てくる水を全て水素水にすることができるものです。取り付けは大変ですが、水素水をたくさん飲みたい人にはピッタリで、浄水機能がついているものも多いためこれ1台でおいしい水を飲むことができます。料理にも使えるため、口にするものは全て水素水にしたい人におすすめです。

<サーバー型>

取り付け工事がいらず、テーブルの上などにもおける小型のサーバーを使って、水素水を生成するタイプです。その時に飲みたい量の水を入れて水素水を作りことができるため、好きな時に好きなだけ水素水を作って飲むことができます。

<携帯型>

サーバーよりも、もっと小型なタイプが携帯型の生成器です。充電式のものが多く、スイッチをいれてしばらく待つと水素水が出来上がるため、外出先でできたての水素水を飲むことができます。水素含有量は他のタイプのものと比較すると低めですが、出張が多い人や会社でも水素水が飲みたい人におすすめです。

水素水生成器についてもっと詳しく知りたい人のための豆知識

水素水

生成器のメリット・デメリット

生成器にはそれぞれ、メリット・デメリットがあります。

水道直結型は、一度取り付けてしまえばいつでもおいしい水素水が手軽に飲めるようになるメリットがあります。しかし、取り付けには工事が必要で、生成器も高価なため、導入にコストがかかってしまいます。

サーバー型は、コストはそこまでかからずに、高濃度の水素水が作れるメリットがあり、また置く場所もどこでもいいため、インテリアの妨げにもなりません。ただし、生成できる量はサーバーに入るだけとなってしまい、浄水機能がついていないものが多く、水道水を使う場合には、別途浄水するものが必要になってしまう点がデメリットです。

携帯型は、持ち運べる大きさで、安価なのがウレシイところ。ただし、1回に作れる量が少なく、他のタイプと比較して、水素濃度も低めなのがデメリットとなります。

こうしたメリット・デメリットも含めて、検討しましょう。

水道直結型の仕組み

水道直結型の水素水生成器は、機器を水道と直接つけることで、蛇口をひねるだけで、水素水が飲める便利なものです。その仕組は、陽極槽と陰極槽の2つの電極槽をもち、陰極槽で水素と水酸化物イオンとに分けて水素を発生させています。

この電極槽を通過して水素水となって蛇口から出てくる水を飲めるのが水道直結型のメカニズムです。電極層が1つのタイプと比較すると、出現する水素が1つしかなく、還元水素水などと呼ばれる水素水が出てくることなどから、その効果に疑問を呈する研究者もいます。

水素水を自分で作る出せる水素水生成器

メリットもデメリットもしっかり覚えて選ぶ水素水生成器

水素水生成器は、高価で工事の必要なものから、手軽に手に入れて持ち運べるようなタイプまでさまざまです。自分で水素水を生成できることで、水素水を購入すると運ばれてくる間に消えてしまうこと懸念される水素分もあますところなく飲用できるとされています。

しかし、そもそもの生成できる水素濃度には限界もあるため、水素生成器があれば、水素を十分に取り入れられるというわけでもありません。アルミパウチに入った水素水であれば、工場から運ばれてくる間に水素が抜けてしまう心配もそこまでなく、安心して飲むことができるものたくさんあります。

アルミパウチに入ったおすすめ水素水の情報はこちらのページでチェックしてみましょう。水素水生成器を検討するなら、一度アルミパウチも候補に入れてチェックしてみるのもいいですよ!

水素水ランキングはこちら水素水ランキングはこちら

TOPへ