アルミパウチは水素水にピッタリ

水素水

アルミパウチとは、アルミでできた袋状のパックのことで、中に水と水素を充填して保存ができるものです。水素水で使われるアルミパウチ容器の多くが、飲み口部分だけメーカーによって材質、仕様は異なりますが、多くはプラスチックなどが使われています。

他の容器を使った水素水製品よりも保存期間が長く、水素の充填率も長い間、高い数値を保てます。飲んだあとにも空気を抜いて保存ができるため、急いで飲みきる必要もないことも人気の秘密です。

アルミパウチってどれだけいいモノなの?

水素水

アルミパウチが水素をため込める仕組み

水素はとても小さい分子です。人の目には見えませんが、モノはたくさんの分子などが集まってできているものなので、水素よりも大きい分子の塊の場合どんどん外へ抜け出てしまいます。また、酸素があると、水素と結びついて水になってしまうため、できるだけ酸素と触れない状態を作らなければなりません。

アルミは、水素が抜けにくい細かい分子の集まりで、パウチ状になっていることで酸素を抜いて保存ができます。これが、アルミパウチが水素水の容器にピッタリだといわれる理由です。

アルミパウチのメリット

アルミパウチのメリットは、水素の抜けにくさだけにとどまりません。

  • そもそもの充填率を上げられる
  • 保存のときに場所を取らない
  • 飲みきれずに残してしまったときでも中に入った空気を抜いて保管しておけば、水素が抜けきってしまうことも防げる
  • 携帯用に持ち運びしやすい

これらのメリットが、水素水の購入時にアルミパウチ容器を選ぶことがおすすめされるポイントでもあります。

水素水は、毎日飲み続けることでその効果を引き出せるアイテムです。忙しい日々の生活に取り入れるためには、携帯のしやすさや保管に頭を悩ませないこと、飲みきれなかった時に効果が損なわれないことなどはしっかりチェックしておきたいところ。

「水素水を飲む習慣をつける」うえでもアルミパウチのメリットをいかすことができます。

水素水選びは「アルミパウチ」を決め手にしよう!

水素水

アルミパウチは、水素の含有量が高いまま保存できることが大きな特徴です。アルミの特性で水素が抜けづらく、パウチ状になっていることで酸素と極力触れずに飲むこともできます。

そんなアルミパウチを使っている水素水のなかから、1つ選ぶとしたら、次に注目したいのが充填率=含有量です。水素が抜けにくいアルミパウチを使っているものを選ぶなら、水素の含有量は多いほうがオトク!でも、毎日飲むことを考えたら、いくら含有量が多くても価格は気になるし、味だって…。

そこで、「含有量」や「価格」「アンケート結果」なども検討したおすすめランキングを作成しました。堂々の1位は含有量・価格・飲みやすさ、ユーザーからの支持率すべてで文句なしの『ビガーブライトEX』。もちろんアルミパウチ容器を使っています。

ランキング1位に輝いた『ビガーブライトEX』の詳しい情報はコチラから。

ビガーブライトEXはこちら水素水ランキングはこちら

TOPへ