水素水アルミボトルってどんなタイプ?

水素水アルミボトルと呼ばれるものの種類は2つ

水素水

アルミボトル入の水素水の種類は、大きく分けて2つあります。1つは、ボトル型になっているアルミ缶に入った水素水として販売されているもの。もう1つは、マイアルミボトルを購入して、水素水スティックを入れて水素を発生させるものです。
ボトル型になっているアルミ缶容器は、持ち運びのしやすさがポイントで、アルミを使うことでペットボトルよりも、水素が抜けにくく、水素溶存が長くもつようになっています。

マイボトルとして、アルミタイプを選ぶときにも、ペットボトルよりも水素が抜けにくいという点が重視されていることが多いようです。洗って何度でも使えるというところもポイントですね。

アルミボトル水素水を選ぶべき理由と気をつけること

水素水

アルミボトル入り水素水のメリット・デメリット

アルミボトルに入った水素水のメリットは、ペットボトルよりも水素が抜けにくく、水素溶存量が保てる点にあります。アルミは、分子がペットボトルよりも小さいため、水素が抜けにくくなるのです。水素水の容器として1番合っているとされているアルミパウチも、同じアルミでできているため、その効果は期待がもてます。

ただ、アルミボトルは、どうしてもボトル内に空気が入ってしまいます。特に、開封後はボトル内の空気が占める割合が多くなるため、水素が空気中へ抜けていってしまいます。また、開封前も、パウチと違って極力、空気を抜くということができないため、少しずつではありますが、水素は抜けていってしまっています。

また、アルミボトルは、水にアルミの味がついてしまうというデメリットもあります。気にならないという人もいるため、受け取り方には個人差がありますが、水の味が変わってしまるのが嫌な人には向いていない容器タイプだといえます。

水素スティックを活用する人で、アルミの味があまり気にならないのであれば、アルミボトルに入れて持ち歩くと、水素の抜けがペットボトルよりも少ないためおすすめです。

水素水を自分で作って持ち運びたい人にピッタリのアルミボトル

水素水を購入するなら、アルミボトルよりもアルミパウチ?

水素スティックやサーバーなどを使って水素水を自宅で作り、それを持ち運びたいという人に、アルミボトルはピッタリです。ペットボトルなどの容器では水素が抜けやすくなってしまいますが、アルミボトルであればそれよりも長く水素が溶存されます。

しかし、水素水を購入するときにアルミボトルかアルミパウチかで悩んでいるなら、余計な空気を抜いた状態で販売されているアルミパウチのほうが水素溶存量は高いためおすすめです。アルミパウチ入の水素水の人気ランキングをこちらにまとめているので、気になった人はチェックしてみましょう!

水素水ランキングはこちら水素水ランキングはこちら

TOPへ