水素水には副作用がある?ない?

水素水

水素水でおなかが緩む?

「水素水を飲んだことで、おなかが緩くなった」というケースが稀に見られます。実際に、便秘解消法として水素水が紹介されることもあり、便の緩みが副作用として挙げられる可能性は0ではありません。

しかし、水素水が直接的な便の緩みの原因となった、という研究データはありません。また、水素水が商品化されるときに添加された別の成分が便に影響を及ぼしているのではないか、という見方もあります。

水素水を飲むことで、体内の活性酸素が除去され、ストレスがなくなったことで、自律神経のバランスがよくなり、結果的に便秘が解消されるなど、おなかの緩みに影響を及ぼしている可能性はあります。

副作用として、取り上げるべきものなのかどうかは、まだ解明されてはいないため、「稀におなかが緩むこともある」ということを頭の片隅に置いておくだけで十分だといえそうです。

水素水による好転反応とは

「好転反応」はご存じですか?「好ましい方に転じる」反応のことで、肌や健康がいい方向へ向かっていくために、一時的に悪い反応が目に見える形で現れるというものです。

水素水でも、この好転反応が見られるケースがあります。たとえば、活性酸素が除去されて、カラダの中に溜まっていたものが体外へ排出されるときにできるニキビや老廃物が流れることで起こる下痢などの症状です。

これらの反応を副作用、と考えてしまう人もいますが、長期的に見ると、その後おなかの調子がよくなっていったり、肌がキレイになっていったりと良くなる前の前兆である可能性も十分考えられます。全ての悪い反応が好転反応だと捉えてしまうのもよくありませんが、副作用だと決めつけて水素水の飲用をやめてしまう前に少し様子を見るようにしてみましょう。また、気になる症状が強く出てきたときには医師に相談するなど適切な対処を取るようにすれば安心です。


水素の体内での働き

水素水

水素はそもそも人体には無害

水素水の飲用による副作用が心配されていますが、そもそも、水素は、人体に無害な物質です。無味無臭で、厚生労働省にも認可され、継続的に検査が行われ、無害であることが証明され続けているものでもあります。そのため、基本的には人のカラダに害となるような副作用はないと考えられます。

水素が除去できるのは悪玉活性酸素だけ

水素の特徴的な働きとして、「活性酸素の除去=抗酸化作用」があります。抗酸化作用のあるもののなかでも特に水素が優れているといわれる理由は、水素が除去する活性酸素が、カラダに害を及ぼす「悪玉活性酸素」のみだから、という点にあります。抗酸化作用をもつもののなかには、カラダに入り込んだウイルスを退治してくれる善玉活性酸素も除去してしまうものがあります。しかし、水素は悪玉活性酸素のみを除去してくれるため、カラダに与える害はないともいえます。このことも、水素水には基本的に副作用はない、とされている理由の1つです。


水素は厚生労働省も認める安全なもの

副作用は今のところ心配がいらない水素水

水素自体の安全性は厚生労働省も認めているため、その水素がたくさん入った水素水も安全性が証明されているといえます。水素水の副作用についても、今のところ心配はいらないとされているため、不安に思う必要はありません!

また、水素水にはさまざまな効果があるとされ、今なお研究が進められています。水素水に期待される効果・効能についてこちらのページで解説しているので、ご覧ください!

水素水の効果・効能はこちら水素水の効果・効能はこちら

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ