水素水の作り方を徹底解説

水素水の3つの作り方をご紹介します。

水素ガスを充填する作り方

水素水

文字通り、水に水素ガスを注入し、充填する作り方です。アルミパウチなどの容器に入れられて販売されている水素水の多くがこの製法で作られています。
多くの水素水メーカーで現在取り入れられているのが、「加圧式溶存方法」です。これは、水に高い圧力をかけて細かい気泡の水素ガスを溶けこませることで、高濃度の水素水を作り出せる製法です。気泡が細ければ細かいほど、水に水素が溶け込みやすくなるため、「ナノバブル製法」や「マイクロバブル製法」などといった、より気泡を細かくする技術力の高い方法も生み出されています。

また、先にタンクの中に水素ガスを充満させ、高い圧力をかけた状態のところに水を入れていく方法もありますが、水素が抜けやすいためあまり使われていません。

電気分解による作り方

電気分解による作り方は、カンタンにいうと水のなかに、電極を入れて電気を流すことで水素を発生させる方法です。水の分子はH2Oなので、電気の力で水素(H)と酸素(O)の結合を解くことで水素が発生する仕組みです。

この製法は、2通りの方法があります。1つは、プラス極とマイナス極を両方入れて、マイナス極に集まる水素を含んだアルカリイオン水を抽出する方法。もう1つがマイナス極だけを水中に入れて、アルカリイオン水にする方法です。前者を使って作らえた水素水は還元水素水などと呼ばれ、自宅で水素水を生成できるサーバー内部に組み込まれていることが多いです。

化学反応を使った作り方

マグネシウムなどの金属を水に入れて水素を発生させるのが化学反応を使った作り方です。スティック状になったマグネシウムをペットボトルなどに入れた水の中に入れ、フタを閉めて思いっきり振ることで圧力をかけて、もともと水に含まれている水素を分離させます。マグネシウム以外には、カルシウムや亜鉛なども使われることがあります。


水素水3つの作り方を比較するポイント

水素水

水素を生成する3つの製法を比較する際に、ポイントとなるメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

水素ガス充填作り方はメリットたくさん?

水素ガスを充填させる方法は、大掛かりな装置が必要なため、個人でやることは難しいですが、高濃度の水素水ができることや水素を溶けこませる水の性質を変化させないなどのメリットがあります。水の性質を変えてしまうと、おいしくてミネラルなどが豊富な天然水を使っても、味や栄養のバランスを損なう怖れがあります。水素ガス充填作り方であれば、元の味を保てるため、おいしい水素水を作ることもできます。

電気分解作り方は作るのに時間がかかる?

水素ガス充填作り方よりも、安価で水素水が作れるのはメリットですが、生成に時間がかかってしまうデメリットがあります。高濃度の水素水を作ることも難しく、濃度を高めようと時間をかけて生成すると、飲めないほどの強アルカリ性の水になってしまいます。生成に時間をかけられる家庭用のサーバーなどに利用されることが多い作り方です。

化学反応を使った作り方は安さがメリット

化学反応を利用して作る水素水は、スティック状の金属を入れて振るだけで水素水が作れるため、コスト面で大きなメリットがあります。ただし、濃度をある程度のレベルにまで引き上げようとすると、何時間もかかってしまいます。高濃度の水素水を作るには不向きとされていますが、家庭で手軽に作るには便利な作り方です。


高濃度水素水を飲みたいならガス充填作り方がおすすめ!

作り方別に自分に合った水素水を選ぼう

作り方ごとに、水素水が作られる仕組みやメリット・デメリットをご紹介しましたが、高濃度の水素水を手軽に飲みたいのであれば、ガス充填製法で作られた水素水がおすすめです。高い濃度で水素が充填されているものが多いですが、容器によっては購入までや実際に飲むまでの間に水素が抜けていってしまうこともあるため、早めに飲み切るようにしましょう。

水素水の種類をもっと詳しく知りたい方は、こちらのページでチェックしてみましょう。もっと具体的に、どの水素水を選べばいいのか、という情報が詰まっています。水素水選びの参考に使ってみてください。

水素水の種類・比較はこちら水素水の種類・比較はこちら

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ