前進しつづける水素医学(様々な論文)

水素水はニセ科学ではない

水素水

もはや一過性のブームとは呼べないほどに浸透した水素水。そんな水素のもつ力が注目をあつめるようになったきっかけが何だったか、ご存じですか?

分子状水素に活性酸素を除去する効果があることは、2007年に日本医科大の太田成男教授たちによって発表されたものです。太田教授たちは、脳梗塞のラットに水素ガスを吸わせることでラットの保護に成功しました。

活性酸素は老化や多くの病気の原因だと考えられており、これを取り除くということは、それだけ老化防止や病気予防に繋がるということです。水素の力に注目が集まるようになったのは、これ以後のことでした。

実はそれ以前にも「活性水素が美容・健康に良い」と話題になったことはありましたが、活性水素というのは科学的な用語ではなく、ニセ科学に類するものでした。きちんと科学的な根拠をもって水素の力を示したのは、太田教授たちの2007年の論文が最初です。分子状水素を溶かし込んだ水素水であれば、その健康効果は医学的に充分に立証されているといえます。

水素医学は今なお発展を続けている

水素の力は、人類にとっては夢のような発見でした。追随する研究者は世界中に現れ、太田教授たちの論文からわずか10年ほどの間に、水素関連の医学論文は400以上も発表されています。それだけ専門家の間でも水素の力への関心が高いということであり、新しい発見がなされたことの証拠でもあります。

当初は培養細胞や動物実験がメインだった水素研究も、現在では人間を対象とした臨床試験の論文がかなり報告されています。また、水素を与える方法も、水素ガスだけでなく水素水や水素溶液の天敵などさまざまな方法が検証されており、いずれでも有意な結果が表れています。最近では、水素入浴についての研究も盛んです。

これまでに水素による効果が確認された症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 2型糖尿病
  • 慢性腎不全
  • パーキンソン病
  • 関節リウマチ
  • 脳虚血
  • メタボリックシンドローム
  • 慢性B型肝炎
  • 間質性膀胱炎 などなど…

おまけに水素には副作用もないのですから、先進的な医師がこれを見逃すはずがありません。水素の力に確信をもった医師たちは、すでに自由診療の形で水素を治療に応用しはじめています。

水素の研究はまだまだ発展途上であり、未知の部分も多いですが、これだけの効果が確認されていながら副作用がないということで、将来的にますます重要性が増していくことは間違いありません。今後も水素研究の発展を見守っていきましょう。

水素水ランキングはこちら水素水ランキングはこちら

TOPへ