ベストな水素水の摂取量とタイミング

水素水

摂取量を調整してムダな排出を防ごう

水素は体内にストックしておくことができません。また、一度にカラダが処理できる水素量はそんなに多くないため、1回に飲む量は150ml〜250ml程度がいいとされています。

これは、1日に飲む300〜500mlの水素水を2回程度に分けて飲むのが効果的だとされているためです。一気に飲んでしまっても、処理しきれない水素はそのまま体外へ排出されていきます。ただカラダの中を通過させるだけではもったいないので、できるだけ数回に分けて飲むのがおすすめです。ただし、ほんの少しずつ飲んでいても一定量は呼気などから抜けてしまうため、「ある程度の量(150ml〜200mlくらい)を1日数回に分けて飲む」ようにしましょう。

効果的なタイミングで摂取する

水素はとても小さな分子なので、摂取してすぐに体内のさまざまなところに潜り込んでいき、抗酸化作用などの働きを発揮し始めます。そのため、効果的なタイミングで飲むことで、活性酸素を除去する効果をより高めることが期待できます。

活性酸素が発生しやすいタイミングに飲んでおけば、カラダの中で活性酸素が悪い働きを始める前に、除去することができます。これが効果的なタイミングで水素水を摂取することをおすすめされている理由です。


水素は抜けやすいからタイミングの見きわめが大切

水素水

水素水は一度開けてしまうと水素が抜けていく

水素は、とても小さい分子のため、未開封状態でも容器の種類によっては、抜け出てしまっています。また、水素が抜けにくいとされているパッケージに入れられている場合でも、一度開封してしまうとその部分から水素は徐々に抜けていってしまいます。

1回開けたらなるべく早く飲み切るようにしたほうがいいといわれるのはこのためです。空気中の酸素と結びつきやすいため、水素水を飲みきらずに取っておくときには、容器内の空気もなるべく抜いて保管するようにしましょう。また、遅くともその日のうちに飲み切るようにしないと、水素が全て抜けてしまう可能性もあるので注意しましょう。

活性酸素が発生するタイミングを見計らう

水素水に期待されるもっとも大きな効果は、「活性酸素の除去」です。そのため、効果的なタイミングとは、「活性酸素が発生しやすくなる前」ということになります。活性酸素は運動して酸素をたくさん取り込んだときやストレスなどによって発生しやすくなります。そのため、カラダを動かす前に水素水を飲むことでより抗酸化作用を引き出すとされています。運動前に飲むのがベストですが、1日のなかでいえば、朝、活動を始める前に飲んでおくのもおすすめです。


水素を保持できる容器の水素水を選ぼう

保管にも便利なものならタイミングも調整できる

水素はどれだけ密閉できる容器に入っていても、1回開封してしまうとその隙間からどんどん抜けていってしまいます。しかし、1日のなかでできれば、活性酸素が発生するタイミングで数回に分けて飲みたい水素水。できるだけ水素がたくさん残った状態で飲むために、注目したいのが、水素を長く保持しておける容器です。水素を保持できる容器で、かつ水素の含有量も高い水素水は、ランキングでも人気があり、上位にランクインしています。気になる水素水ランキングはコチラからチェックしてみましょう。

水素水ランキングページはこちら水素水ランキングページはこちら

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ