“水素”に期待される効果

水素水

水素水とは、水素分子(H2)がたくさん含まれている、「水素豊富水」です。そもそも、水は水素と酸素が結合してできた(H2O)もの。その水素を多くして、体内に水素を取り込めるようにしているのが水素水です。

そのため、“水素”に期待される効果=水素水の効果ということになります。水素水に期待される抗酸化作用や美容効果、エネルギー代謝促進などは、すべて水素のもつ力によるものなのです。

そんな“水素”がもつとされている力のなかでも、特に「抗酸化作用」は注目のポイント。からだを酸化させる「活性酸素」は、ガンや肌のしみ・しわの原因になるともいわれています。

美容界で「抗酸化作用のある成分」が“いいもの”とされているのは、しみやしわの原因になる活性酸素の力を弱めてくれるためです。抗酸化作用のある水素をたくさん含んだ「水素水」は美容や健康にいいとされているのもこうして考えてみると納得できます。

現在もさまざまな研究が続けられているため、これからもっと水素の効果が解明される可能性もあります。研究の結果が楽しみですね。


水素がもたらす効果を詳しくチェック

水素水

健康に効果がある水素

水素の大きな働きである抗酸化作用は活性酸素を除去するものです。体内の活性酸素を取り除いてくれるため、活性酸素が関わるさまざまな疾患への効果が期待できます。

例えば、糖尿病やがんといった病気や肩こりや便秘といった身近な症状も活性酸素は関わっています。水素水を飲めば治る、ということではありませんが、予防効果を高めるために、水素を取り入れてみるのもよさそうです。

活性酸素が関わる主な疾患
代謝・内分泌系 糖尿病、高脂血症、メタボリックシンドロームなど
循環器 動脈硬化、心筋梗塞、不整脈など
脳神経系 脳梗塞、脳出血、認知症、アルツハイマー病など
消化器 胃炎、胃潰瘍、胃がん、肝炎、潰瘍性大腸炎など
呼吸器 喘息、肺炎、肺気腫など
血液系 白血病、敗血症、血小板異常症など
皮膚 トピー性皮膚炎、帯状疱疹、火傷、シミ、シワなど
泌尿器 膀胱炎、前立腺肥大、がん、糸球体皮膚炎など
間質組織系 関節リュウマチなど
眼科 白内障、加齢黄斑変性症など
腫瘍 ストレスによる発がんなど
医療性疾患 薬物障害、抗がん剤の副作用など
環境汚染性疾患 重金属障害、廃棄ガス性肺障害など
難病系 パーキンソン病、ベーチェット病、リュウマチ、自己免疫不全など
その他 生活習慣病や老化、加齢臭、性欲減退、花粉症、鼻炎、冷え性、肩こり、便秘、疲労、二日酔いなど

参考:奇跡の水素水革命/著者:高藤恭胤

注目される美容効果

水素水の効果といえば、「美容」の効果がよく挙げられています。肌のしみやしわの原因の1つに活性酸素があるため、抗酸化作用のある水素が多く含まれている水素水が注目されています。

また、活性酸素が過剰に発生していると、血流が悪くなり、それが肌トラブルへと発展することもあります。水素を体内に取り込むことで、めぐりがよくなり、肌荒れなどのトラブルをケアすることにもつながるなど、水素の美容効果は大きく期待できるものだといえます。

ダイエットにも効果があるって本当?

水素水とダイエットの関係は、まだ研究が続けられている段階なので、科学的根拠は弱いのですが、水素が脂肪の代謝を促進するという研究結果もあります。水素水を与えたねずみが同じ量のえさを食べていたねずみよりも脂肪量が少なかったという実験結果も存在していることから、水素水のダイエット効果にはかなり期待できるといえそうです。

カラダを鍛えてダイエットするのではなく、内側からキレイを作れるというのは、ウレシイポイントですね。


水素の抗酸化作用に期待大!水素水で上手に取り入れよう

抗酸化パワーのつまった水素水

さまざまなことに高い効果が期待できる水素がたっぷり入った水素水は、抗酸化パワーのつまった「水」です。特殊なドリンクではなく、「水」なので、普段の生活に取り入れるのも難しくありません。

水素を体内に上手に取り込める水素水は、さまざまな商品が販売されています。「たくさんありすぎて、どれを選べばよいのか悩んでしまう」という人は、水素水選びの参考に、こちらのランキング結果をチェックしてみましょう!

水素水ランキングはこちら水素水ランキングはこちら

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ