高濃度水素水は水素の含有量が多い

水素水

高濃度水素水とは、水素の含有量が多い水素水のこと。水素の含有量はppm(ピーピーエム)という数値で表されます。これは、どれだけの水素が水の中に含まれているのかを示すもので、数値が高ければ高いほど、多くの水素が含有されていることがわかります。

ところが、水素は水に溶けにくい分子のため、「高濃度水素水」と謳われていても、含まれている水素量は1.0ppm程度のことも。また、どんなに高く水素を含有しようとしても、1.57ppmが現在の限界値とされています。そのため、水素が1.0ppm以上含有されていれば、「高濃度水素水」だといえます。

1.57ppm以上含有されていると表記されている場合には、製造方法などをしっかり読んで、正しい情報なのかどの時点での数値なのかをチェックするようにしましょう。

ただし、人間のカラダが体内で受けられる水素量は上限が決まっています。水素レセプターという受容体が受けられる水素量は、大体0.4ppmまでだという研究結果も出ており、呼気などで体外に放出されてしまう水素量は約6割。つまり、1.0ppm以上の水素が含有されている水素水の摂取が推奨されるということです。

では、1.0ppm以上のものは1.0ppmと1.5ppmとで大きな差が生まれるのでしょうか?

実は、水素を受容できる限界以上の水素を取り込んでも、体内で消化吸収できず、体外へ排出されていってしまうだけで意味のないものとなってしまいます。1.0ppm以上であれば、1.2ppmも1.4ppmも変わらないということです。高濃度であればあるほどいい、というのは1.0ppm以上であれば、効果に差はでないといえます。


高濃度水素水の作り方やメリット

水素水

では、高濃度水素水はどうやって作られているのでしょうか。また、空気級に逃げやすい水素をどう高濃度の状態で保つのか、その方法と高濃度水素水のメリットを解説します!

高濃度水素水の作り方と保ち方を学ぼう

水素水は、基本的に水に圧力をかけて水素を押し込むようにして作られています。高濃度水素水は、水素ガスを水に溶かし、圧力をかけて水素が逃げないようにして作られています。水素水は空気に触れると空気中に水素が逃げていってしまい時間が経てばただの水になってしまいます。そのため、水素が逃げないような構造の容器にいれることもポイントとなります。

つまり、水素を高濃度に保つためには、いかに空気に触れさせないかが大切だということです。自宅で水素水を作った場合にも空気に触れた途端に水素含有量は下がっていってしまうことを忘れずに、作ったら早めに飲み切るようにしましょう。

高濃度のメリットとは?

水素水が高濃度であるメリットは、しっかり体内に水素を取り込める点にあります。体内に水素を取り込んでもその6割は体外へ排出されてしまうということは、なるべく多くの水素を取り込んで体内に吸収できる4割の量を多くする必要があります。

濃度が高ければ、その量も多くなりますが、前述のとおり、0.4ppm以上は体内に取り込むことができず残った分は体外へ排出されてしまうので、1.0ppm以上であるかどうかを基準にチェックするようにしましょう。
体内にできるだけ取り込むことができれば、それだけ水素の働きも引き出せることになります。効果を最大限にするためにも高濃度=1.0ppm以上であることはポイントになるのです。


高濃度水素水に期待されている効果

高濃度だから水素の効果も引き出しやすい

高濃度水素水は、水素の効果を引き出しやすい存在として期待されています。水素の効果とは、水素のもつ抗酸化作用によって、カラダのなかのサビを取り除くもの。老化の原因といわれているカラダのサビ=酸化を防いだり、ケアしたりする力があるとされています。

そんな効果をもたらすと期待されている高濃度水素水を選び取りたいときに役に立つのがこちらの、水素水おすすめランキングです!どの水素水がいいのか、こちらのランキングを元にチェックしてみてくださいね!

水素水ランキングページはこちら水素水ランキングページはこちら

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ