活性水素(原子状水素H)と分子状水素H2の違い

水素水批判の多くは、活性水素と分子状水素の違いを理解していない

水素水

ブームが加熱しすぎたためでしょうか、最近は新聞や週刊誌などで水素水への批判を目にする機会が増えました。こうした批判記事の論調は、概ね「水素水はニセ科学であり、健康効果のないインチキ商品だ」というものでした。

たしかに、水素水関連の商品にインチキが多いのは事実ですし、それで荒稼ぎをしている悪質な業者もいます。しかし、本当にすべての水素水がインチキであると断言してもよいのでしょうか? 

「水素水を利用した悪質商法」についてはどんどん批判をすべきですが、「水素水そのもの」への批判は的外れなものが目立ちます。というのも、多くの批判記事には事実誤認があるからです。それは、「活性水素(原子状水素H)」と「分子状水素H2」を混同しているという点です。

「活性水素水」と「水素水」はまったくの別物

以前流行った「活性水素水」はニセ科学

水素水が本格的にブームとなるよりも前に、活性水素水が人気を集めていた時期がありました。「飲むと健康に良い」とか「肌がきれいになる」などと宣伝され、活性水素水生成器がさまざまなメーカーから発売されていました。

しかし、「活性水素」という言葉はそもそも科学の用語ではありません。健康ビジネスのために生み出された造語です。正体は原子状水素(H)が溶けた水だとされています。

ところが、原子状水素を測定する方法はまだ見つかっていません。つまり、仮に活性水素の効果が本当だったとしても、それを証明する手段はないということです。活性水素水については、ニセ科学だと呼ばれても仕方のないものでした。

分子状水素の効果は科学的に証明されている

一方、今話題の水素水は、分子状水素(H2)を水に溶け込ませたものです。分子状水素に抗酸化作用があるということは、臨床研究によってしっかりと立証されています。抗酸化作用があるからこそ、老化防止や病気予防効果にも期待ができるわけです。

一見すると名前も効果も似ているため混同しがちですが、活性水素水と違って水素水はきちんと科学的根拠にもとづいて作られているものだということがわかるでしょう。

昨今見られる水素水への批判は、活性水素水について書かれているものがほとんどです。記者も専門家ではないでしょうから、多少の間違いは仕方がないのかもしれませんが、議論の前提となる知識が抜け落ちている記事ではあまりに説得力に欠けます。

消費者も、悪質業者に騙されないために活性水素と分子状水素の違いをしっかり理解しておくとよいでしょう。

水素水ランキングはこちら水素水ランキングはこちら

TOPへ