人のカラダは酸化する?活性酸素の種類も要チェック

水素水

酸化とは、酸素が細胞と結びついて起こる、金属の「サビ」と同じ現象です。金属がサビついてしまうと劣化してしまうように、人の体内もサビると「老化」として現れます。そのため、酸化させない=抗酸化作用のあるものを、取り入れると健康や美容に効果的だといわれています。

体内で、老化を引き起こす酸化が起こるときには、活性酸素という物質が関係しています。一口に活性酸素といっても、その種類はさまざま。そのなかで、大きくわけると2つの活性酸素に分けられます。

その2つとは、善玉活性酸素と悪玉活性酸素。カラダの味方になる活性酸素を善玉活性酸素、反対にカラダを攻撃してくるものを悪玉活性酸素と呼んでいます。そして、この悪玉活性酸素がカラダを酸化させる原因となります。つまり、カラダの「老化」を予防するためには、悪玉活性酸素を減らしたりなくしていったりする必要があります。抗酸化作用のある水素が「老化」ケアに注目を集めているのはこのためです。


水素水による抗酸化作用の仕組み

水素水

どうして活性酸素がカラダを酸化させてしまうのか?

活性酸素は、強い力をもった酸素の変化形で、本来は体内のウイルスやカビなどを撃退してくれる味方なのですが、数が増えてくると健康な細胞にまで攻撃をしてしまいます。

攻撃を受けると、その部分は酸化します。切ったりんごをそのまま置いておくと茶色くなるように、酸化することで肌やカラダの内部はサビつき老化現象が起こります。

人間は呼吸をすることで体内に取り込んだ酸素の2%が活性酸素に変化するといわれています。また、紫外線やアルコールの飲み過ぎ、喫煙などによるストレスでも活性酸素発生するとされています。日常のなかで大量に発生した活性酸素を除去しきれず、カラダを酸化させてしまうことにつながるのです。

水素のもつ抗酸化作用

水素の抗酸化作用とは、活性酸素に入り込んで結合し、水に変化させて、体外へ排出させる働きのことです。抗酸化作用のある物質はいろいろとありますが、なかでも水素が注目される理由は、悪玉活性酸素の除去作用にあります。

水素は、悪玉活性酸素のなかでも「ヒドロキシラジカル」などの、酸化力が強い有毒な物質と結びついて、除去する性質ももっています。ヒドロキシラジカルは、細胞の核やミトコンドリアDNAを傷つけるほど、酸化力が特に強くさまざまな病気・老化現象などの原因となる活性酸素。

活性酸素を除去してくれることで知られているポリフェノールやビタミンCなどは、ウイルスなどを攻撃する善玉活性酸素をも除去してしまいますが、水素はヒドロキシラジカルなどの悪玉活性酸素にしか作用しません。「いいものは守って、悪いものを排出する」これが水素の効果の大きな特徴です。

また、水素自体が現在判明している分子の中でも最も小さい分子のため、からだの隅々にまで行き渡って活性酸素を水に変化させられます。水素は、小さな細胞にも入り込んでいる活性酸素にも届くため、抗酸化作用のある物質のなかでも特に優れているといえる存在です。


有害な活性酸素を減らすと美肌・健康などへの効果が期待できる!

さまざまな効果が期待できる抗酸化作用

有害な活性酸素がたくさんあることで、酸化=老化が進んでしまうということは、裏を返せば抗酸化作用のあるものを取り入れていくことで、老化を遅らせたり食い止めたりできるということです。

そのため、肌のしわやしみといった美容面。病気などの健康面や動きにくくなってくるなどの機能面での効果が期待されています。なかでも、水素のもつ力を取り込むのに便利な水素水が注目を浴びるのも納得です。水素水がもたらすと期待されている効果についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェックしてみましょう。

水素水の効果・効能はこちら水素水の効果・効能はこちら

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ