水筒に入れて水素水と出かけよう!

水素水は水筒やタンブラーに入れてOK?

水素水発生装置や水素水サーバーを家に設置している人にとって「水筒やタンブラーに入れて持ち運べるのかどうか」は大きな悩みではないでしょうか。抜けやすいとされている水素。なるべく効果を下げずに持ち運ぶにはどうしたらいいのか、水筒の選び方をご紹介します。

水素水は水筒やタンブラーに入れてよい!

水素水は水筒やタンブラーに入れて持ち運ぶことはできます。自宅にサーバーなどを設置している人は、お手持ちの水筒やタンブラーに水素水を入れて持ち運ぶことで、外出先でも水素水を飲むことができます。

ただし、水素はどんどん抜けていってしまいます。特に空気に触れやすいタイプの水筒・タンブラーでは、長時間持ち運ぶことで「普通の水」になってしまう可能性があるため、期待しすぎないことも大切です。「少しでも残っていればラッキー」と思っているほうが「水素はどのくらい残っているのかな…」と心配しながら飲むよりも気持ちはラクになります。

どんな水筒が水素水に適しているの?

水素残存量があまり期待できない水筒での持ち運びですが、そのなかでも、アルミの水筒であれば、他の水筒よりも水素残存量が多く残る可能性があります。また、最初に入れるときに、容器いっぱいに入れることもポイントとなります。触れる空気の量が少なくなれば、それだけ水素が抜ける心配も低くなります。

少しだけ持ち歩ければいい、というときには、水筒を小さくするなどで調整するのがおすすめです。また、アルミの水筒に入れていても、1日中持ち歩いて少しずつ飲むようにしていると、夜には水素が抜けきってしまうので、早めに飲み切るようにしましょう。

水筒に入れて持ち歩きたいのであれば、水素スティックを使ってみるのもおすすめです。水素スティックとは、水筒などに水と一緒に入れておくことで水素を発生させてくれるスティックのこと。自宅に水素水サーバーが設置してあるけれど、持ち運びたいという人は、水素スティックを入れておけば、長時間持ち運ぶときにも水素の効果が期待できる水素水を外出先でも飲むことができます。

水素水を持ち運ぶ水筒はアルミタイプで、必要に応じて水素スティックも入れて対応しましょう!

水素水の種類についてもっと知りたい人は、こちらのページがおすすめです。ぜひチェックしてみてください!

TOPへ