水素水と尿酸値!その関係とは?

水素水で尿酸値を下げて病気を防ごう

老廃物である尿酸が、排出されず体内に残っていると尿酸値が高くなります。この尿酸値を下げるのに、水素水が効果的だとされていますが、その理由までしっかり理解できていますか?怖い病気「痛風」にもなってしまう可能性のある尿酸値の上昇を抑えてくれるという水素水。尿酸値との関係から詳しく見ていきましょう!

水素水で下げられる“尿酸値”って何?

尿酸値とは、尿酸がどのくらい体内にあるのかをはかる値のことです。尿酸とは、エネルギーが燃焼したときに出る燃えカスが溜まった老廃物のこと。通常は、そのまま尿や便として排出されていくのですが、燃えカスが多すぎたり、排出がうまくいかなかったりすると、尿酸が増えてしまします。すると尿酸値も上がり、痛風などの病気を引き起こします。

尿酸が増えてしまう原因はいろいろありますが、その1つに活性酸素の増加があります。活性酸素は、ストレスなどによって、酸素が活性化されすぎてしまうことで発生するもの。特に悪玉活性酸素は、カラダにさまざまな悪影響を及ぼすため、できるだけ抗酸化作用によって排出していきたいものです。

活性酸素が増え、尿酸値が高くなっていくのを防ぐためには、まず活性酸素を除去することが大切です。そこで活性酸素を除去する効果をもつ水素がたくさん詰まった水素水が出てきます。この効果によって、尿酸値を下げられたら、痛風などになることもなく、健康に過ごすことができるため、水素水が注目を集めています。

尿酸値低下のために水素水を飲む!

水素水自体に尿酸値を下げる効果があるかどうかは、まだ研究が進められていませんが、水素に抗酸化作用があることは、わかってきています。水素水さえ飲んでいれば平気、と乱れた生活習慣を繰り返したり、プリン体の多い食品ばかりを食べていたりすると、尿酸値の低下効果が見られない可能性もあります。

水素水は、他のケアと同時に飲用するようにして、その効果を引き出せるようじっくり時間をかけて様子を見るのがおすすめです!

水素水には、他にもアレルギーやアトピーなどに効果があるといわれています。それらの効果・効能はこちらのページでまとめているのでよかったら読んでみてください。

TOPへ