水素水の容器を種類別に見てみよう!

水素水容器は種類豊富!用途別の選び方がポイント

アルミパウチにペットボトル、アルミ缶などさまざまな容器がある水素水。豊富な種類があるなかで、どの容器を選んだらいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。今回は、用途別に水素水の容器をご紹介します。水素水を飲むタイミングやシチュエーションに合わせて最適なものを選ぶようにしましょう!

水素水容器の種類とメリット・デメリット

水素水の容器は、大きく分けると3つの種類があります。その3つとは、ペットボトル、アルミ缶(ボトル)、アルミパウチです。まずは、それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

ペットボトルは、軽くも持ち運びがしやすく、手に入れやすい特徴があります。市販のペットボトル飲料を購入して、飲み干したあとでキレイに洗えば使用することができます。自宅で水素サーバーなどを設置していて、持ち運び用にしたいときに便利です。

しかし、ペットボトルだと分子が大きすぎるため、水素はどんどん抜けていってしまいます。軽くて持ち運びには便利ですが、水素を維持しにくい性質のため、長時間の持ち歩きには不向きです。水素スティックを入れて持ち運ぶのであれば、常に水素を発生させられるためおすすめです。

アルミ缶(ボトル)は、水素を溶存しておきやすいアルミを使用しているため、ペットボトルよりも水素水を長時間持ち歩けます。そのため、自宅で水素水を生成できる環境があるなら、外出時にはアルミボトルで持ち運ぶのがおすすめです。

アルミパウチは、水素水を購入するときに選ぶ容器としておすすめです。特に、構造にこだわって作られているアルミパウチは水素が逃げにくくなっているため、水素水としての質も維持できます。ただし、自宅で水素水を作って、外出時に持ち運ぶときには、アルミパウチに水素水を詰めるのは難しいため、不向きです。

水素水容器は用途に合わせて選ぼう!

水素水の容器は、水素の抜けにくさでいえば、アルミパウチがおすすめですが、自宅でサーバーから注いで持ち運ぶなら、アルミボトルがベストだといえます。水素水には不向きだといわれているペットボトルも、水素水スティックを入れて持ち運ぶのときに、カバンがぶつかったりしても気を遣わないものがいい、とうときには、アルミボトルよりもおすすめの容器だといえます。

水素水の容器は、どんな形で水素水を飲むのか、どう持ち運ぶのか、などの用途に合わせて選ぶのがポイントとなります。自分なりの用途に合わせて選択するようにしましょう!

水素水の種類をもっと知りたいときはこちらの記事がおすすめです!チェックしてみましょう。

 


 

TOPへ