胃痛も水素水でケアできるの?

水素水で胃痛が改善?副作用にも注目!

水素水を飲むことで胃痛が改善される効果が期待されています。でも胃痛といえば、水素水を飲んだことで起こる副作用の1つとして、挙げられることもあるものなので、どっちなの?と混乱している人もいるのではないでしょうか?ここでは、水素水と胃痛の関係をカンタンに説明していきます。胃痛もちの方も、水素水の副作用が不安な方も、ぜひごらんください。

水素水と胃痛と副作用

水素水は水素が豊富に含まれている水です。水素のもつ、抗酸化作用によるさまざまな効果が期待されている飲用水なのですが、胃痛にも効果があるといわれています。それは胃痛を感じる原因に理由があります。

胃痛は、胃に何かしらの病気があって痛みを感じている場合とストレスが溜まり胃腸の活動が低下することで消化不良を起こしているケースなどさまざまことが原因で起こります。水素水は、特に胃腸の活動が低下しているときの胃痛に効果が期待されています。

ストレスが溜まることで発生しやすくなる活性酸素が胃腸の動きを低下させてしまいます。この活性酸素を除去する働きをもっているのが、水素です。そのため、水素水を飲むことで、胃腸に水素を届け、活性酸素を排出し胃腸の動きを元に戻すという効果が期待できるのです。

また、水素水を飲むことで、胃痛やおなかがゆるくなるなどの副作用が出た、という報告も一部であるようですが、基本的には水素水に副作用はないとされています。しかし、胃腸の働きがよくなる効果によって、おなかがゆるくなったり、おなかが動くことで胃痛を感じたりすることもあるようです。カラダがいい方向へ向かっている証拠の可能性もあるため、様子を見てみましょう。

胃痛ケアに水素水を取り入れるときは…

胃痛のケアに水素水を取り入れるときは、「水素水で胃痛が治る」というわけではないことを理解したうえで、飲むようにしましょう。

また、胃痛が病気のサインである可能性もあります。水素水を飲んでも痛みがなくならない、むしろ強まった、というときには病院を受診するようにしましょう。あくまで水素水は、ケアのサポートになる“かも”しれないものです。まだその効果はハッキリと解明されているわけではないので、情報を鵜呑みにしてしまわずに、自分でしっかり判断して利用するようにしましょう。

胃痛の他にも、水素水にはさまざまな効果が期待されています。どんな効果・効能があるのか知りたい方はこちらを見てみましょう。

 
水素水に期待されるさまざまな効果・効能
 

TOPへ