冷え性も水素水で改善できる?!

水素水でできる冷え性ケアとは?

水素水を飲んだり、水素水風呂に入ったりすることで冷え性のケアにつながるとされています。水素水のどんな働きが冷え性ケアにつながるのでしょうか?そのメカニズムと冷え性ケアへの効果について解説します。

水素水でカラダのめぐりがよくなることが冷え性につながる

水素水に期待される効果は、水素の働きによるものです。水素の抗酸化作用によって、体内の活性酸素が除去されることで、さまざまな効果がでることが期待されています。その効果の1つが“カラダのめぐり”がよくなることです。

カラダのめぐりがよくなると、血液の流れもよくなっていくため、カラダがポカポカしてくることがあります。特に冷え性の場合、何らかの原因によってカラダのめぐりが悪くなり、手や足などが冷たくなってしまっているため、めぐりがよくなるだけで改善効果が見られます。

つまり、「何かの原因でカラダのめぐりが悪くなる→冷え性になる→水素水を飲む→活性酸素が除去される→カラダのめぐりがよくなる→冷え性改善」という流れが期待できるのです。水素水と冷え性の関係はこうしてつながっていると考えられます。

水素水を飲むだけではない冷え性ケア

冷え性ケアには、水素水を飲むだけでなく、水素水風呂に入ることも効果的だとされています。水素水風呂とは、水素を発生させられる入浴剤を入れて水素水にしたお風呂に入ること。水素水に期待される効果を肌に直接受けることができるとして注目を集めている入浴剤です。

水素水風呂に浸かると、肌に直接水素水の効果を受けられることが期待できます。また、お風呂なので、カラダがポカポカすることから、冷え性にも効果があるといわれています。水素水を飲用しても冷え性に効果が見られるまでには少し時間がかかるので、即効性を求めるなら、水素水風呂のほうがオススメだといえます。

水素水風呂の入浴方法についてはこちらの記事でもご紹介しているのでチェックしてみましょう!

TOPへ