水素水には科学的根拠はあるの?

水素水の“科学的根拠”の真実に迫る!

水素水には科学的根拠があるのかどうか、はさまざまなメディアにも取り上げられている大きな問題です。その真実を解明するためには「水素水とは?」と「水素の含有量」がポイントとなります。今回は、水素水の科学的根拠、に迫ります!

水素水の科学的根拠の秘密は「水素」にあり

水素水に期待される効果として、カラダのめぐりがよくなることや活性酸素が除去されることでの肌質改善などがよく挙げられています。これらの効果は、すべて水素の力によるものです。

そもそも水素水とは、水素が豊富に含まれている水のこと。水素豊富水とも呼ばれ、通常の水に含まれている水素量よりも、多くの水素が入っていることで、水素の効果をより引き出すことができるものとして作られています。

その水素には、活性酸素のなかでも、カラダに悪さをする悪玉活性酸素のみを除去する力があるということが、日本医科大学の太田教授の研究によってわかっています。水素の効果は太田教授によって科学的に立証されているのです。

この科学的根拠のハッキリしている「水素」の効果が、「=水素水の効果」として語られています。しかし、「水素」の効果が「水素水」として体内に入ってきたときに、どれだけ影響を及ぼすか、まではまだ研究が進められていません。そのため、「水素水の効果は科学的根拠のないものだ」という意見が出てきてしまうのもある意味仕方がないといえます。

水素水に科学的根拠のある「水素」の効果を求めるには…

その効果に科学的根拠のある「水素」が含まれている水素水。それ自体には、ハッキリとした科学的根拠はありませんが、水素の効果を期待できるかどうかは、水素水の水素含有量によってチェックすることができます。

水素含有量とは、その水素水にどれだけの水素が含まれているかを量る数値です。含有量が多ければ多いほど、水素をたくさん取り込めて、その効果の影響も受けやすいと考えられます。水素水の水素含有量をチェックすることは水素水に科学的根拠を与える1つの方法だともいえるのです。

水素含有量に着目して、人気のある水素水を集めて実験した結果をこちらでまとめています。科学的根拠はない、と頭から否定するのではなく、実際の実験データを見て、「真実」を元に水素水を見て、選ぶようにしましょう!

TOPへ