妊婦も水素水を飲んでいいの?

妊婦の強い味方「水素水」を飲もう!

水素水は、妊婦が飲んでも問題ありません。厚生労働省から、「食品添加物」として認められ安全性が保障されているため、胎児への影響も心配せずに飲むことができます。さらに、つわりなど、妊娠中のマイナートラブルへの効果も期待できる妊婦なら飲んでおきたい飲み物です。妊婦の強い味方「水素水」について解説します。

妊婦が「水素水」を飲むべき3つの理由

妊娠中は、飲むもの・食べるものすべてが胎児に影響を及ぼしてしまうため、口にするものには気を配らなければなりません。そんな神経質な時期にも飲んでOKなのが「水素水」です。水素水は、厚生労働省お墨付きの安全な飲み物で、その効果は妊婦におすすめできるものなのです。

水素水を飲むべき理由その1は、今ご紹介した安全である点です。胎児に影響がないため、どれだけ飲んでもOKなのが嬉しいところ。妊娠中は、水分を多く取ることが勧められているので、どんどん飲むようにしましょう。

理由その2は、つわり対策になるという点です。つわり自体のメカニズムがまだ解明されていないため、その効果は“期待がもてる”程度のものではありますが、つわりによってカラダにかかるストレスを軽減することにつながるとされています。

理由その3は、便秘ケアにも利用できることです。水素水を飲むことで、水素の抗酸化作用が働き、カラダのめぐりがよくなる効果が期待できます。めぐりがよくなると、停滞していたものが排出されるようになるため、便秘改善に役立つとされています。妊娠中は便秘になりやすいものです。つらい便秘に悩まされる前に水素水で、スッキリ習慣をつけておくといいかもしれませんね。

水素水を妊婦が飲むことで得られるもの

妊婦が水素水を飲むことで得られるものは、体調がいい状態で妊娠期間を過ごせる可能性がアップすること。つわりの症状が軽くなったり、便秘になりにくくなったり、こうした水素に期待される効果によって、妊婦でいる間も気持ちよく過ごすことができます。

それでも、妊婦でいる間は、たくさんのマイナートラブルに見舞われやすいものです。小さなことも気になるこの時期には、安全なものを取り入れて少しでも心配なことを減らして過ごしていきましょう!

妊婦への水素水の影響をもっと詳しく知りたくなったら、こちらの記事で詳細をまとめているのでご覧ください!

TOPへ