水素水はプラシーボ効果なの?

水素水は「プラシーボ効果」ではない!

水素水にいい評価や口コミがついているのを見て、「プラシーボ効果」なのではないか、と疑ってみている人も多くいるようです。そこで今回は、プラシーボ効果とはいったいどんなものを指しているのか、そもそもの原点から、水素水がプラシーボ効果ではないということまでまとめてご紹介します。

そもそもプラシーボ効果とは?

プラシーボ効果とは、偽薬効果とも呼ばれ、効果がないものでも、効果があると信じきることで、本当に効果があるかのような反応がみられるというものです。たとえば、薬でもなんでもないただの「こんぺいとう」を、「これを飲めば勇気がわいてくる薬だよ」と信じこませることで、本当に勇気がわいてくるように感じる、といったものがプラシーボ効果と呼ばれています。

プラシーボ効果=悪というわけではなく、薬を使わずに改善効果が見られるため、精神的な安定感を得るためには効果的とされることもあります。ただ、プラシーボ効果を使って、本当は何も効果がないものを、「効果がある」と信じこませ、実際に効果があるように見せかけて販売する詐欺行為に使われることもあります。

水素水にかけられている「プラシーボ効果ではないのか」という疑いもこの詐欺行為に当たるものなのでは、と懸念されています。

水素水はプラシーボ効果ではなく本当に効果が期待できるもの

結論から言うと、水素水はプラシーボ効果ではなく、本当に効果が期待できるものです。水素水に多く含まれている水素の抗酸化作用による活性酸素の除去効果は、研究が重ねられ、データも発表されている確かなものであるためです。

確かに、水素水自体を飲用するだけで、水素の効果がどれだけ引き出されているのか、という研究はまだ進められていません。しかし、確かな品質を保ち、効果を引き出すのに十分な量の水素を含んでいる水素水であれば、効果が期待できると言っている研究者もいることから、水素水にはさまざまな効果が期待できるといえるでしょう。

では、水素水にはどんな効果が期待できるのでしょうか?それぞれの効果をメカニズムから詳しく解説しているページがこちらです。ぜひチェックしてみましょう。

TOPへ