水素水パックの効果ってどんなもの?作り方は?

水素水パックを使って年齢を感じ始めた肌をケア!

“水素水パック”を知っていますか?水素水がじっくり染み込んでいるパックを顔にのせることで、スキンケアができるパックが、年齢を感じ始めた肌にいいと人気が高まっています。市販品もありますが、水素水があれば自分で作ることもできる水素水パック。今回は水素水パックに期待できる効果と自分で作るときの作り方をご紹介します。

水素水パックは肌のバリア機能を高めてくれる?!

水素水パックは、水素が染みこんでいるマスクやコットンを肌に広げて、水素水を肌に直接当てることで、その効果をしっかり引き出すものです。そのため、水素水に期待できる効果をそのまま肌にじっくり当てることができ、効果アップが望めるとされています。

水素水に期待できる効果とは、肌の抗酸化作用を高めてくれるというもの。抗酸化作用が高まると、年齢を重ねることで、バリア機能が低下したり、ハリやツヤがなくなったりしまう肌をケアするサポートができるようになります。

水素水を飲むことで体内に取り入れる方法では、どうしても肌に水素の効果が達したと感じられるようになるまで時間がかかってしまいます。また、肌以外の部分でも水素が行き渡るため飲んだ量がそのまま肌への効果につながるとは限りません。

そこで、パックとして肌に当てることで水素の効果を直に受けられるようになる水素水パックが注目されているのです。

水素水パックの作り方

水素水パックは、すでに水素水が充填されているものも販売されていますが、普段から水素水を購入して飲んでいるようなら、その水素水を使って自分で作ることができます。水素水の人気が高まってきているため、コンビニなどでも水素水を手に入れられることもあります。まずは水素水とコットンを用意して始めてみましょう!

    <水素水パックの作り方>

  • コットンに水素水をつけます。軽く絞れるくらいにつけるのがポイントです。
  • コットンを顔に広げていきます。顔全体に広がったら3〜5分ほど放置します。
  • 時間が経ったら、コットンを外して、乳液などをつけて終わりです。

水素水パックは、化粧水などと同じように、パックしたあとに何もしないと乾燥を招いてしまう可能性もあるため、必ず乳液などをつけてフタをしてあげましょう。

水素水パックも使って、水素水でスキンケアを楽しんでみましょう!
水素水の効果をもっと知りたい方はこちらのページで詳しくご紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

TOPへ