水素水メーカーの選び方のコツ

水素水メーカーの違いを知ろう

水素水メーカー=水素水生成器は、さまざまなタイプが販売されていて、どう選べばいいのかわからないほどです。水道と直結させるもの、サーバー型、手軽に持ち運べるものなどから、自分に合ったタイプを選ぶためには、それぞれの違いをチェックするための知識を身につけなければなりません。ここでは、水素水メーカーの違いを知って、自分に合った“いいもの”を手に入れるための基礎知識をご紹介します。

水素水メーカーは「水」の違いで選ぶ

水素水メーカーを大別するときにポイントとなるのが、「水」の入手経路です。自宅に設置する「水道直結タイプ」、水を購入して大きな容器を入れ替える「サーバータイプ」、持ち運べるようペットボトルの水に入れて水素を発生させる「スティックタイプ」、という3つの「水」の違いがあることを覚えておきましょう。

水素水メーカーの購入を検討しているときには、どのタイプが欲しいのかをまず絞り込んでおくことで、選択の幅が狭まって決めやすくなります。どれを選べばいいのかわからないときには、ライフスタイルや、どんな風に水素水を取り入れたいのかを考えてみましょう。

家族みんなで飲みたくて、料理に使う水もすべて水素水にしたいなら「水道直結タイプ」がおすすめですし、飲む水だけを水素水にしたいけどガブガブ飲みたいなら「サーバータイプ」、家族みんながバラバラに持ち運びたいなら「スティックタイプ」がいいかもしれません。「どう取り入れたいか」が重要なポイントです。

“いいもの”は人によって違う

水素水メーカーは、「これが1番いい」と人からおすすめされても、自分にとってはそうでもない、ということもよくあります。それは、どう取り入れたいかによって、どれが自分や家族にとってのベストな水素水メーカーが変わってくるためです。

ライフスタイルや持ち運びの有無、水素水の取り入れ度合いによって、“自分に合った”水素水メーカーを選ぶようにしましょう!

水素水の種類は他にもたくさんあります。どんなものがあるのか知りたくなった方はこちらもチェックしてみましょう!

TOPへ