インフルエンザ予防なら水素水!

インフルエンザにかかる前に水素水を取り入れよう!

毎年猛威をふるうインフルエンザ。インフルエンザの予防接種を受けて、対策しているという人も増えてきています。そんなインフルエンザ対策に、水素水も効果があるようです。罹ってしまうとつらい症状が待っているインフルエンザの予防に使える水素水についてご紹介します。

「水素水」と「インフルエンザ」

水素水とインフルエンザにはどんな関わりがあるのでしょうか。まず、水素水に期待されている効果についてみてみましょう。

水素水の効果は、水素水に多く含まれている「水素」の作用によるものです。美肌や健康によいとされていますが、それらはすべて、水素のもつ抗酸化作用による副産物です。抗酸化作用とは、活性酸素を除去する働きのこと。水素は、体内の活性酸素と結びついて水にしてしまい、そのまま体外へ排出する作用があります。

この働きによって、体内で悪さをする活性酸素が除去されていき、免疫力がアップするといわれています。つまり、インフルエンザの予防として、免疫力を上げる効果が水素水に期待されているということです。

水素水を飲んでいればインフルエンザに罹らないの?

もちろん「水素水を飲んでさえいれば、インフルエンザに罹らない」というわけではありません。水素水を継続的に飲むことで、免疫力を高めることはできますが、インフルエンザに罹らなくなるわけではなく、罹りにくくなるかもしれない程度のものであることは覚えておきましょう。

インフルエンザと水素水の関係は、まだ研究が進められていないため、直接的な効果には科学的根拠がなく、ここでご紹介している効果はすべて“期待できる”レベルのものです。そのため、予防接種をしなくても、水素水を飲んでいればOKというわけではないので注意してきましょう。

水素水を飲むことで体内の活性酸素が除去されることが期待できるため、インフルエンザ予防への効果が期待できることはウソではありません。また、それ以外にも効果が期待できることはたくさんあります。まだ信じられないという人は、こちらでその効果・効能や水素水の働きをチェックしてみましょう!

TOPへ