運動後の水素入浴で筋肉痛が軽減する!?

水素入浴で筋肉痛も軽くする!

運動習慣がない人がいきなり運動をはじめたり、久々に体を動かしたりすると、しっかりストレッチを行っていても次の日に激しい筋肉痛の強い痛みを感じてしまうことがあります。
そんなツラい筋肉痛が水素風呂により解決するかもしれない研究結果がでてきました。

筋肉痛と水素入浴の実験

9人を一方は普通のお風呂、もう一方は水素風呂に入浴する2つのグループに分け、30分のランニングマシンで走ってもらった後、20分それぞれ入浴してもたった。
それを運動した翌日から7日間、VAS測定と採血を行い、筋肉痛の強度と酸化ストレスの推移を調べた。

筋肉痛は統計的に低下した結果

水素入浴をしていたグループが筋肉痛が起きていた太ももやふくらはぎを強く押さえた数値が2日目3日目に統計的に優位に低下していることを発見しました。これは水素入浴により筋肉痛が軽減されたことを示唆しています。
しかし、採血検査での「酸化ストレス」「筋損傷と炎症の程度」や「血中の乳酸濃度の変化」は2つのグループに差はなかったようです。

これからの離床試験でさらなる期待の可能性が!

今回は健常で活動的な20〜30歳までの若年男性9名という限定的で小規模な実験でしたが、運動後の筋肉痛や酸化ストレスに対する水素入浴の影響が検討され、筋肉痛を軽減する可能性が示されました。
この実験は水素入浴剤のことを伝えずに行う単盲検法により得られている結果から、プラシーボ効果などの可能性は低く信頼性は高いと思われます。

今回の実験では「運動後の入浴のタイミング」や「運動負荷が不十分だった可能性などの問題点も挙げており、これら条件を整えることで、水素入浴のさらなる可能性を発見できると考えられています。

引き続き小規模な臨床試験を重ね、条件を最適化し、その後より大きな規模の試験に移行できれば、水素風呂の新たな可能性を立証していけるでしょう。

TOPへ