水素水とヘルペス、その関係性とは?

水素水はヘルペスや口内炎にも効果あり?

水素水は、口の中にいつの間にかできてしまうヘルペスや口内炎にも効果が期待できます。その理由は、ヘルペスや口内炎ができる原因にあります。今回は、水素水でヘルペスや口内炎ケアができるメカニズムについて解説していきます。つらいヘルペスや口内炎は早く治してスッキリ過ごしましょう!

ヘルペスや口内炎ができる原因と水素水

ヘルペスや口内炎は、3つの種類に分けられます。一般的な口内炎を「アフタ性口内炎」ウイルスなどが原因の口内炎を「ウイルス性口内炎」、外部刺激によるものを「カタル性構内炎」とそれぞれ呼び名が異なります。ヘルペスはウイルス性口内炎の一種で、カラダの粘膜部分に発症するものです。

それぞれ、ストレス、ウイルス、噛む、ヤケドなど直接的な原因は異なりますが、悪化するときには、悪玉活性酸素という物質が関係しています。炎症が起こったりストレスがかかったりことで発生するこの活性酸素は、それ自体がさらにストレスとなりさらに増加、炎症をよりひどくしてしまいます。

この活性酸素を水素水が除去することで、ヘルペスや口内炎の症状が落ち着いていくと考えられるため、ケアに活用できるとされています。また、常時水素水を飲み続けていることで、活性酸素が発生しにくい環境が作られ、口内炎やヘルペスができにくくなることも期待できます。

ヘルペス対策に水素水を飲むなら

できるだけ、ヘルペスができてからではなく、いつも水素水を飲むようにしておくのがおすすめです。ヘルペスや口内炎ができてからでも遅くはありませんが、効果が感じられるようになるまで時間がかかります。

いつも水素水を飲んでおくことで、そもそもヘルペスや口内炎ができにくい環境を作ることもできるので、ヘルペスに悩まされたときだけ、ではなく水素水を飲用することを習慣づけておくといいでしょう。しかし、水素水を飲んでいればヘルペスにならないという保証はありません。まだまだ研究が進められている段階であることは忘れずに、過信しすぎずに取り入れるようにしてくださいね。

水素水を購入するなら、まずは水素水がどんなものなのか基本的な知識を身につけておくことが大切です。こちらで、水素水の基礎知識ページのリンクを貼っているので、内容をチェックしておくようにしましょう!

TOPへ