水素水とピロリ菌の本当の関係

水素水がピロリ菌を増やしちゃう??

水素水には、ピロリ菌を元気にしてしまう作用があるため、注意が必要、というウワサがあり、心配している人もいるかもしれません。実は、ピロリ菌を活性化する作用は水素水にはありません。しかし、ピロリ菌を除去する効果もないとされています。今回は、水素水とピロリ菌に何か関係性があるのかどうか、という点に着目してご紹介していきます。

水素水がピロリ菌を活性化するというウワサ

水素水には、ピロリ菌を活性化してしまう作用があるというウワサが一部で流れているようですが、聞いたことはありませんか?水素水が胃の強い酸性を中和してしまうことで、ピロリ菌の動きが活発化するようになってしまうというのがその理由だとか。

このウワサは、間違ったものです。水素水には、酸性を中和するような効果はなく、また、ピロリ菌が元気になるような作用はありません。ただ、水素水を飲んでもピロリ菌には何の影響も与えません。効果がないということから、いつの間にか逆効果、というウワサに発展してしまったのかもしれません。

水素水を飲んでもピロリ菌には効果はありませんが、活性化してしまうこともありません。飲用を中止する必要はないので、安心して飲み続けていてください。

水素水とピロリ菌に関係があるとすれば…

水素水とピロリ菌は、活性化させてしまうわけでも、撃退するわけでもなく、特に何の関係性もないとされています。もし、水素水とピロリ菌に何らかの関係性を見出すとすれば、ピロリ菌が体内にいることで発生する活性酸素の除去に水素水に含まれる水素の効果が期待できる、というものです。

水素水に期待されている、活性酸素の除去効果が、ピロリ菌によって発生する可能性がある胃炎や胃潰瘍などの予防につながるかもしれない、という点で、両者に関係性があるとすることはできます。直接的な関係ではないものの、ピロリ菌がいるからと水素水の飲用をやめてしまうとこの効果は期待できなくなってしまうので、飲み続けていたほうがいいということはできそうです。

水素水を飲むことで、他にもさまざまな効果・効能が期待できます。どんなことに効果があるのか、チェックしたいなら、こちらをごらんください!

TOPへ