水素水で胸焼けもラクになる?

水素水は胸焼けを起こすの?なくすの?

水素水を飲むことで、「胸焼けの症状が出た」「いや、胸焼けがラクになった」という2つの相反する反応が見られることがあります。水素水の副作用として胸焼けが起こるのか、はたまた、胸焼けがラクになる効果があるのか、どちらなのでしょうか。その真相を解明します。

水素水で胸焼けが起こることはある

水素水は、基本的に副作用のない飲用水です。水素を豊富に含んでいる水素水ですが、水素は体内で活性酸素と結びついて、ただの水になります。体内で水が増えたところで、尿として排泄されるだけなので、特に問題はありません。

では、なぜ水素水で胸焼けが起こることがあるのでしょうか?それは、「いい方向へ向かうときに一時的に悪くみえる症状がでる」という“好転反応”という作用に理由があります。漢方などを飲むときによく聞かれる“好転反応”ですが、体内の悪いものが排出される過程で、一見悪く思える症状が出て、その後はよくなる、といういい方向へいくために必要な反応です。

水素水を飲むことで、一時的に胸焼けのような症状が出るのは、この好転反応のためだといわれています。しばらく様子を見て、その後調子が良くなるようなら問題ないので、焦って飲用をやめずに、自分のカラダと向き合う期間にしてみましょう。

水素水で胸焼けがラクなるとは?

胸焼けの症状が慢性的に出るようなら、「逆流性食道炎」が疑われます。胃から胃酸や胃液、内容物が逆流してしまうことで食道に炎症が起こっている病気です。炎症が起こっているため、活性酸素が発生し、それがまた炎症を悪化されてしまうことでつらく胸焼けの症状もひどくなります。

この炎症によって発生する活性酸素を除去する働きが水素水に期待されています
活性酸素がなくなれば、炎症が悪化することもなくなり、症状が落ち着いていくことがあります。これにより胸焼けもラクになっていくというメカニズムです。

胸焼けにも効果が期待できる水素水。取り入れるには、どんな種類・方法があるのでしょうか?こちらのページでチェックしてみましょう。

TOPへ