水素水の硬度って?

水素水は硬度も意識して選ぶべき?

水には硬度があり、軟水か硬水かで味にも違いがでてきます。飲み心地にも大きく影響する硬度ですが、水素水を選ぶときにも硬度を意識したほうがいいのでしょうか?今回は水の硬度についての基礎知識と水素水の硬度に着目してご紹介します。

水の硬度って何?

水は硬いものと軟らかいものがあり、それぞれ、汲み取る水の採水地によって硬さが変わってきます。水の硬度とは、ミネラルのなかでもカルシウムとマグネシウムの量によって決まります。

硬度は、「硬度(mg/l)=カルシウム量(mg/l)×2.5+マグネシウム量(mg/l)×4.1」という計算式に当てはめることで数値化されます。世界標準では、その結果が120ml以下なら軟水、120ml以上なら硬水です。しかし、日本では、100ml以下を軟水、それ以上を硬水と定義しています。世界基準よりも低い数値に設定しているのは、日本の天然水がほとんど軟水で、軟水に慣れ親しんでいることためだと考えられています。

軟水は、日本料理によく使われる出汁を取るときやコーヒー・紅茶などを淹れるときに最適だとされている硬さです。反対に硬水は、灰汁が出やすいため、肉などの煮込み料理に使うのがよいといわれています。

水素水は硬度に違いはあるの?

水素水も、使用している水の採水地によって硬度に違いが出てきます。でも、日本で採水された天然水を使っているものが多いため、そのほとんどが軟水でできています。硬水の水素水を探したいときには、海外製から選んだほうが早いほどです。

水素水は、水に水素を充填させたものなので、硬度はまったく影響しません。そのため、どちらがよいのかは、味や飲み心地の好みによって変わってきます。硬水は、飲み過ぎると腎臓に負担をかけてしまう可能性もあるので、素直に日本の軟水を使った水素水を飲んでおいたほうが安心かもしれませんね。

水素水の選び方で迷ったら、こちらのランキングも参考にしてみてください!水素水が選びやすくなりますよ!

TOPへ