水素水で痛風ケア?その効果を知ろう!

水素水であのつらい痛風が改善する?

ぜいたく病といわれることもある痛風。歩くのもつらくなってしまうつらい痛風の改善にも水素水は効果的だとされています。その理由は、痛風になるメカニズムにありました。今回は、痛風と水素水の関係から、水素水でつらい痛風が改善するといわれる理由を解説します。

水素水にケア効果が期待される痛風とは?

痛風は、食べ物や飲み物などから摂取したプリン体などの影響によって、尿酸値が上がってしまい、カラダに激痛がはしる病気です。プリン体は、ビールや揚げ物など、“ぜいたく”に見える食品にたくさん含まれていることが多いため、“せいたく病”と呼ばれることもあります。

痛風の治療は尿酸値を下げるようにすることと、食事や飲み物を制限して尿酸値が上がらないようにすることの2つが代表的です。症状の激痛はもちろんつらいのですが、合併症を引き起こすと、腎不全など命に関わることにもなりかねないため、早期の治療が必要な病気です。

水素水はどうして痛風ケアにいいの?

水素水に期待される効果は、豊富に含まれている水素のもつ抗酸化作用です。抗酸化作用とは、活性酸素を除去すること。痛風の原因である、尿酸値の上昇。尿酸値が上がる理由のプリン体は活性酸素によって出現することもあります。そのため、活性酸素の除去が尿酸値低下につながり、痛風のケアにもなっていくのです。

活性酸素の除去といえば、水素。そう、水素水と痛風の関係はこうしてつながります。ただ、まだハッキリとその関係性が研究によって裏付けられているわけではないので、水素水による効果は“期待できる”というレベルになります。それでも、少しでも改善を目指したい人にとっては、朗報ですよね。

水素水で、痛風ケアのサポートができそうだ、ということはわかりましたが、実は水素水には他にもさまざまな効果・効能があるとされていることは知っていますか?こちらの記事で詳しくご紹介しているのでチェックしてみてください!

 
水素水に期待されるさまざまな効果・効能
 

TOPへ