水素水と疲労の関係を押さえよう

水素水で疲労も溜まりにくくなる?

水素水を飲むことで疲労が溜まりにくくなるといわれています。その理由は、水素水にたくさん含まれている水素の抗酸化パワーにあります。最近疲れやすいな、と感じている人にこそ知ってほしい、水素水の魅力をご紹介します。これを読めば水素水がどうして人気を集めているのかがわかります!

水素水の“水素”で疲労回復

水素には、活性酸素を除去する抗酸化作用があることがわかっています。活性酸素は、運動してカラダのなかにストレスがかかると大量に発生し、カラダをサビつかせます。カラダがサビると、疲労が溜まりやすくなり、なかなか回復しなくなってしまいます。

その活性酸素を除去し、疲労が溜まる原因となるサビを防ぐ役割を担っている水素がたくさんつまっている水素水が、疲労回復効果が期待できるのも納得ですよね。ただ、水素の効果については研究が進められていますが、水素水そのものでの実験はまだまだ少なく、その効果は“期待がもてる”程度のものです。

それでも、理論的には水素水を飲むことで水素のパワーをカラダに取り込むことができるので、その効果には高い期待が寄せられます。

疲労が溜まらないように水素水を取り入れるには

まずは運動前に水素水を飲んで試してみましょう!運動後よりも、運動前や動いている最中に水素水を飲むことで、その効果がより引き出されるという臨床試験データも存在します。

事前に水素を体内に取り込んでおくことで、活性酸素が溜まらない環境を作ることが、疲労を溜めこまずに過ごすためのポイントです。もし、運動前後に水素水を飲もうと思っているなら、できるだけ運動前の水分補給に水素水を取り入れるようにしましょう。

水素水の働きや基本的な知識を身につけておけば、期待される効果をより引き出しながら飲用することができます。水素水の基礎知識をこちらのページでチェックしておきましょう!

TOPへ