水素が抜けた水素水になる前に飲もう

水素水から水素が抜けるってどういうこと?

水素水は、水素が豊富に含まれている水のことですが、水素はとても小さい分子なので、何もしなければどんどん抜けていってしまいます。アルミパウチに入った水素水も、フタを開けてしまうと水素がどんどん抜けるといわれている理由をご紹介します。水素が抜ける現象を理解して、対策を立てれば、しっかり水素の効果を引き出せる飲み方ができるようになるはずです!水素水を飲むならチェックしておきましょう。

「水素水から水素が抜ける」って?

水素水には水素がたっぷりつまっています。そのため、水素水を飲むと水素に期待されている効果を引き出して、健康になれたりキレイになれたりする、といわれています。

しかし、こうした話と同時に聞こえてくるのが「水素水からは水素がどんどん抜けている」ということ。実は、水素は現在判明している分子のなかでも最小といわれているほど小さな分子です。そのため、空気に触れていると、どんなに圧力をかけて高濃度の水素水を作っていても、どんどん水素は抜けていってしまいます。こうした性質をもっているからこそ、水素水の容器にこだわるメーカーがたくさんあるのです。

ペットボトルは分子が大きいため、フタを開けていなくても水素は抜けていって、ただの水になってしまいます。また、水素が抜けにくいといわれているアルミパウチも、フタを開けてしまえば、空気と触れて水素が抜けていきます。容器は、なるべく水素が抜けにくいアルミ製のものを使い、開けたらすぐに飲んだほうがいいとされているのはこのためです。

水素が抜ける前に飲むためには…

水素水から水素が抜けてしまうと、ただの「おいしい水」になってしまいます。水素が抜ける前にしっかりと水素水を飲むためには、「容器」「飲むタイミング」の2つに気をつけるようにしましょう。

「容器」は、アルミパウチのもので水素が抜けにくいように工夫されているものがおすすめです。「飲むタイミング」は一口飲んだらそのあと何時間も飲めなくなってしまうときよりも、30分かけて飲みきることができるくらいの余裕があるときに飲むようにしましょう。

水素水の基礎知識についてもっと知りたいときは、こちらをチェックしてみてください!

 
今、話題の「水素水」とは?
 

TOPへ