水素水とうつ病の関係って?

水素水でうつ病も克服できる?ケアに使うその前に

うつ病は国民病ともいえるほど、罹患数が増大している精神疾患です。新型うつと呼ばれる、新しいタイプのうつ病も出てきていますが、それらの精神疾患の症状緩和や予防に効果的だとされているのが水素水です。水素水を飲むだけで、ケアのサポートができるなら、どんどん飲んでいきたいですよね?まずはここで、水素水とうつ病についての基礎知識を身につけてから、活用するようにしましょう!

うつ病と水素水の関係

実は、うつ病と水素水の関係に迫った臨床試験や研究結果データというものはありません。そのため厳密にいえば、うつ病と水素水の相関関係について語ることはできません。

ただ、これまでにわかってきているうつ病の原因や水素水に期待できる効果などを総合的に見ることで、うつ病にも水素水の効果が適用されるのではないか、という説が浮上していきます。たとえば、うつ病などの精神疾患は、エネルギーを作っているミトコンドリアがうまく機能しなくなることで、脳内のホルモンバランスが乱れ、精神的に不安定になってしまう病気です。

そのため、ミトコンドリアの機能を高め、ストレスによって生じる悪玉活性酸素を除去することでカラダのあちこちに出るさまざまな症状を防ぐ水素水の効果に期待が集まっているのです。直接的な関わりは研究されていませんが、こうして考えることで、うつ病と水素水にも深いつながりがあるのでは?という期待が生まれています。

うつ病ケアに水素水を飲むときの注意点

うつ病ケアに水素水を飲んだとしても、何かいい効果があるとは限りません。水素自体はほとんど副作用がでないとされているものなので、悪いことになることはないと考えられます。でも、「これできっと治る」と思って飲むことで、結局あまり効果がなかったときにより症状が悪化してしまう可能性もあります。

うつ病ケアで水素水を飲もうと思っているなら、「これで治るかどうかはわからないけど、何もしないよりはいい」程度に思っているといいかもしれません。

うつ病と水素水の関係はまだ何も解明されていませんが、他の病気や症状などは、効果が期待できるくらいに研究が進められているものもあります。どんなことに効果・効能が期待できるのか、知りたい方はこちらをクリックしてみましょう!

 
水素水に期待されるさまざまな効果・効能
 

TOPへ