水素水で膀胱炎をやっつけよう!

トイレの度にツライ膀胱炎を水素水でケア?

排尿すると、痛みがでる膀胱炎。女性に多い病気だといわれていますが、実は水素水にあのツラさを軽減する効果が期待できます。膀胱炎のどんなケアに効果があるのか、水素水と膀胱炎の関係を見ていきましょう!

水素水で膀胱炎の炎症ケア?!

水素水に多く含まれている水素。この水素は、活性酸素と結びついて、水にする働きをもっています。その働きが抗酸化作用として、体内の悪玉活性酸素を除去する効果が期待されているのが水素水です。

活性酸素は、体内で炎症が起きるなどのストレスがかかることで発生し、活性酸素があることでよりストレスがかかりさらに活性酸素が発生するという悪循環も生んでしまいます。

膀胱炎で起こっている炎症でも活性酸素が発生しています。炎症のさらなる悪化を防ぐために、水素の力で活性酸素を除去することで、ケアに一歩近づける、というのが水素水に期待されている膀胱炎との関係です。

水素水を飲むと尿量が増えて膀胱炎ケアに!

水素水を飲むと、水素が活性酸素と結びついて水になるため、尿量が増えることが期待されます。膀胱炎ケアには尿量を増やして、こまめにトイレにいくこともポイントとなるため、水素水の飲用は、炎症の広がりを抑えるだけでなく、根本的なケアにもつながるといえます。

実際に、膀胱炎患者に水素水を飲ませる実験では、膀胱痛に効果があったとする結果が出ていることもあり、今後膀胱炎ケアに水素水の活躍する可能性があると注目を集めています。膀胱炎は再発しやすいため、度重なる症状に悩まされている方は、今後の水素水と膀胱炎の研究結果発表に注意してチェックしておきましょう!

水素水には他にもさまざまな効果・効能があるとされています。このページで、期待されている効果・効能をチェックしておきましょう!

TOPへ