水素水は容器に注目して選ぼう!

水素水は容器によって効果が変わるって本当?

今、話題を集めている水素水。実は、水素水を入れる容器によって、水素の残存量が大きく変わってしまうため、期待される効果の高さにも影響を及ぼしてしまうことは知っていますか?そこで、どんな容器であれば、水素をたくさん残しておけるのか、詳しくご紹介します。

水素水の容器はアルミパウチが1番?!

水素水として販売されているものの多くがアルミパウチを使用しています。これは持ち運びのしやすさやゴミの量を減らすためではなく、アルミパウチの構造が、現状ではもっとも水素水に適していることが理由です。

実は、水素水は空気に触れると、空気中に水素が抜けていってしまう性質をもっています。高い圧力をかけて水に溶け込ませたり、発生させたりした水素は、空気に触れてしまう容器に入っていると実際に飲む頃には、ただの水になってしまっている可能性もあります。
そのため、空気が入り込まないようにパック詰めできるアルミパウチ容器が水素水に合っているのです。

また、水素はとても小さい分子なので、水が抜けなくても水素だけが、容器を通り抜けていってしまうことも!水素水メーカーでは、それを防ぐために、アルミパウチの構造を4層構造にするなど、工夫を凝らして飲むときまで高い水素残存料を誇れるようにしています。

水素水の容器選びのポイント

水素水にはアルミパウチが適しているとご紹介してきましたが、水素水を選ぶときにはどんな容器のものを選んだらよいのか、ポイントをまとめてみました。

【ポイントその1】
アルミパウチで、かつ4層構造など特殊構造でより水素が抜けないようになっているものを選ぶようにしましょう。

【ポイントその2】
飲み口は好みで選びましょう。水素が抜けにくいよう飲み口をなくしているタイプの水素水もありますが、コップに入れ替えないと飲みにくいため、飲みたいときにパッと飲むことができないデメリットもあります。飲み口がプラスチックだとそこから水素が抜けやすくなってしまいますが、いつでもサッと飲むことができるメリットもあります。

どちらがいいかは、好みや水素水を飲むシチュエーションによって変わってきます。自分の生活スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

他にも、水素水の容器や種類はいろいろあります。興味のある人は、こちらのページをチェックしてみましょう!

TOPへ