脳梗塞予防に水素水!!

脳梗塞にも水素水?!治療にも活躍する水素の効果

脳の血管がつまって、脳細胞死が起こる脳梗塞。命が助かっても重度の障害が残る可能性も高いため、怖い病気の1つとして知られています。その脳梗塞治療に、水素が使われることもあることから、水素水に脳梗塞予防の効果が期待されています。今回は、脳梗塞治療における水素の働きや、水素水に期待されることについてカンタンにご紹介していきます。

脳梗塞治療に使われている水素

脳の血管が詰まってしまう脳梗塞。その原因の1つである動脈硬化は、悪玉活性酸素が溜まることで発生しやすくなる変性LDLという物質によって起こります。それを防ぐためには、悪玉活性酸素が溜まらないように、常に流れを良くしておく必要があります。そこで悪玉活性酸素を除去する作用がある水素が注目されたのです。

また、水素の抗酸化作用によって、活性酸素が除去されると、血液の流れもよくなるため、脳梗塞につながる血管の詰まりも起こりにくくなると考えられます。こうした、効果は水素水で話題にあがることの多い、太田教授による実験でも裏付けられているため、効果には大きな期待が集まっています。

実際に水素治療を行っている病院もあるなど、水素を治療に使用するという流れも徐々にできてきているようです。

脳梗塞予防に水素水を飲む?

水素は、治療に使われていることを考えると、効果には高く期待がもてますが、水素水に関しては、まだ研究が進められている段階で、水素水を飲めば脳梗塞にならない、とはいえません。でも、水素が豊富に含まれている水である水素水を飲むことで、脳梗塞予防に一役買う可能性はあります。

水素水を飲めば、水素を体内に取り込め、活性酸素の除去にもつながると期待されています。いろいろ試してみるなかの1つに水素水の飲用をいれておくといいのではないでしょうか?

また、水素水は、脳梗塞以外にもさまざまなことに効果・効能が期待されています。下記記事で、詳しくご紹介しているので、一度チェックしておきましょう。

 
水素水に期待されるさまざまな効果・効能
 

TOPへ