文春に疑問視された水素水って?

文春でも話題の“水素水”ってどんなもの?

何かと話題を提供してくれる「文春」によって、水素水の効果に疑問を呈する内容が書かれ、注目を集めました。そこで、今回は、“水素水”がどんなものなのか、その正体に迫ります。冷静な目で水素水を判断するために、正しい知識を身につけましょう。

水素水って何?

文春で取り上げられた、水素水。健康や美容に効果があるとして、人気を集めている飲用水ですが、「効果はない」と文春に書かれたため、話題となりました。その水素水とは、そもそもどんなものなのでしょうか?

水素水とは、水素が豊富に含まれている水のこと。水はそもそも、H2Oという化学式で表される通り、水素と酸素が結びついてできているものです。その水素量を増やして、水素を体内にたくさん取り込んでその効果を引き出すための飲み物として水素水が注目されるようになりました。

つまり、水素水の効果とは、水素の効果のことなのです。水素の効果や作用については、詳しく研究が重ねられているため、活性酸素を除去することやそれによって体内にいい効果が生まれるなどのデータも出ています。単純に考えれば、その水素がたくさん入っているのだから、水素水にもその効果が期待できるという図式が当てはまるといえます。

文春で話題になるほど何がいけなかったの?

水素水の効果は水素の効果、と説明しましたが、では、なぜ学術的にも証明されている水素の効果を水素水が謳ったことで、文春の記事になるほど問題があったのでしょうか?それは、水素水に含まれている水素量にポイントがありました。

水素が豊富に含まれているという水素水でしたが、実際に飲むときに水素がどのくらい含まれているのかは目には見えないものなのでわかりません。しかも水素はとても小さい分子のため、開けた瞬間から圧力の低い空気中へ放出してしまい、体内に取り込める量はごくわずかなため、効果はほとんど見られないのでは?という指摘が出てきました。また、そもそも、水素水を手にできる時点で水素の多くが抜けてしまっているのでは?という疑問も生まれています。

これらの指摘は確かに納得のいくものではあります。そこで、水素水にどのくらいの水素が含まれているのか実験した結果をチェックすることが、水素水選びの大きなポイントとなります。こちらのページでご紹介している水素水はすべて、水素量を計測した結果を公開しています。水素水の効果は、まだ“期待できる”レベルのものであることを理解したうえで、少しでも水素量が多いものを取り入れるようにしましょう!

TOPへ