水素水ボトルを持って出かけよう!

水素水ボトルって?!話題のアイテムの正体はコレ!

多くの芸能人も使っていると話題の水素ボトル。その正体は持ち運べる水素生成器、ということはご存じでしたか?手軽にどこでも持って行けて、高濃度の水素水を飲める水素生成器とはどんなものなのでしょうか。今さら人には聞けない「水素ボトル」についてカンタンにご紹介します!

「水素ボトル」は水素水生成器の1つ

水素を発生させ、水素水を作ることができる水素水生成器。水道と直接つなげたり、サーバーを置いたり、自宅に置く大きな機器やスティックタイプで持ち運べるものをイメージする方も多いかと思いますが、実は手軽に持ち運べる簡易タイプの水素水生成器もあるのです。それが、「水素ボトル」と呼ばれているものの正体です。

充電タイプや電池式など種類もいくつかありますが、基本的には電気によって水素を発生させるもので、外出先でも濃度の高い水素水を飲みたいという人におすすめの水素水生成器です。

オフィスでも水素水を飲みたい、実家に帰ったときにも手軽に水素水が飲めたらいいのに……そんな想いをもつ人におすすめの生成器だといえます。

水素水生成器だからコストはかかる

水素ボトルは、手軽に持ち運べる水素水生成器です。大掛かりな工事や搬入作業もいらないため、気軽に始めることができますが、難点となるのが導入コストです。

自宅におくサーバーのなかには、機器自体はレンタルしてくれるものもあるため、導入コストがかからないものもあります。しかし、水素ボトルは持ち込んで好きなときに水素水を作って飲めるもののため、購入しなければなりません。水素ボトルはだいたい、5万円前後と購入にはちょっと思い切りが必要な価格帯。水道に直結する本格タイプよりは安めなものの、ポンっとは買えない価格かもしれません。

しかし、使えば使うほどオトクになるため、高濃度の水素水をどんどん取り入れたい!と思っている人には、けっして高すぎない価格だと思います。出張や外出することの多い人におすすめの水素水生成器、「水素ボトル」は水素水に興味のある人にとって要注目のアイテムです。

水素水を取り入れたいなら、水素水についてもっと詳しく知っておきましょう!こちらで、水素の基礎知識をご紹介しています。ぜひご覧ください!

TOPへ