水素水は血糖値を下げる効果がある?!

ウソ?本当?水素水で血糖値が下がる?!

水素水で血糖値を下げることができる、という話を聞いたことがあるかもしれません。血糖値が上がることで起こる病気の代表的なものが「糖尿病」です。つまり、水素水は糖尿病ケアに役立つと注目されているということです。日本人の国民病の1つともいわれる「糖尿病」のケアにつながる“水素水で血糖値を下げる”ことは本当なのでしょうか?真相に迫ります。

糖尿病と血糖値の関係から水素水の効果をチェック

糖尿病は、インスリンという体内のホルモン分泌が低下してしまうことで血糖値が下がらなくなることで引き起こされる病気です。インスリンは血糖値を下げるために必要な物質。血糖値が下がらなくなり高い状態が続くと、のどが以上に渇く、尿量が増える、疲れやすくなるなどの症状が出ます。さらに、血糖値が上がると、昏睡状態に陥る可能性もあるほど、怖いものなのです。

血糖値が上がったまま下がらなくなり、さまざまな症状が出ている状態を糖尿病といいます。血糖値は食事によって上がるため、糖尿病の治療は、食事制限がとられます。また、インスリンの注射を打つことで血糖値をなんとか下げるようにしていく必要もあります。

インスリンの分泌が少なくなる原因は、体内に増加した活性酸素にあります。インスリンを分泌するβ細胞は活性酸素に弱く、機能低下の原因につながります。

そこで、水素水の登場です。活性酸素を水に変化させ体外へ排出することができる水素を豊富に含んでいる水素水を飲むことで、インスリンの分泌を阻害している要因を減少させることができます。これが、糖尿病と血糖値、そして水素水の関係です

血糖値を下げるケアに水素水を使ってみよう

今は、さまざまな水素の研究が進められているため、水素水の効果にも科学的根拠が認められるようになってきています。しかし、まだまだ研究途中の段階にあるため、糖尿病ケアに水素水が良い!と言い切ることはできません。

そこで、血糖値を下げるケアを通して糖尿病の治療を進めつつ、水素水も取り入れることで、より効果を引き出せるような環境を作ることをおすすめします。また、予防のために水素水を日常的に飲用するのもいいでしょう。

他にも水素水の効果はさまざまな分野で期待されています。幅広いことに活用できる水素水の効果・効能を学んでみませんか?

 
水素水に期待されるさまざまな効果・効能
 

TOPへ