動脈硬化予防ケアにも水素水?

水素水で動脈硬化を防ぐことができる?!

症状が悪化すると取り返しのつかないことになってしまう可能性もある動脈硬化症。食事に気をつけるなど、さまざまな対策方法がありますが、そのなかの1つに水素水で予防する、という方法があることは知っていますか?その効果は、“期待できる”レベルのものですが、それでも飲むだけで、予防のサポートになるなら飲んでみたいですよね。今回は、水素水と動脈硬化についてご紹介します。

水素水と動脈硬化のつながり

動脈硬化とは、読んで字のごとく、動脈が硬くなってしまう症状のことです。動脈は、血液をカラダのあちこちに届けるチューブのような役割を果たしているもので、本来は柔らかく、血液を送り出してくれています。

その動脈が硬くなってしまうと、血液がうまく流れなくなり、心臓に負担がかかったり、臓器がうまく機能しなくなったりしてしまいます。これにより、突然の心停止などの怖い症状を招いてしまうことも。

動脈硬化の原因は、メタボリック症候群やストレス、喫煙などだといわれています。体内で活性酸素が増加することで血管が硬くなってしまうため、抗酸化作用によって活性酸素を取り除くことで、予防できるとされています。

その抗酸化作用をもっているのが、水素です。そして、水素を豊富に含んだ水である水素水を飲むことで、体内の血管に水素を届けることができると、その効果に期待が集まっています。これが、水素水と動脈硬化のつながりです。予防ケアに水素水が注目されているのです。

動脈硬化予防ケアに水素水を飲むなら

動脈硬化の予防ケアのために水素水を飲むときには、「それで完全に治る・動脈硬化にならない」というわけではないということに注意して飲用を続けるようにしましょう。水素水を飲んでいるから大丈夫、というデータはまだどこにもありません。

生活習慣を見直すなどの他の予防策もしっかり行いながら、水素水も一緒に飲んでより、予防ケアにつながるようサポートするくらいのつもりでいるといいかもしれません。

水素水には、動脈硬化の予防ケア以外にもさまざまな効果・効能があるとされています。その内容はこちらの記事にまとめているので、気になった人はチェックしてみてくださいね!

TOPへ