水素水とアルカリイオン水の違いを検証!

水素水に似ている「アルカリイオン水」

水素水と似た飲用水に、「アルカリイオン水」があります。実は生成直後は両者とも水素が含まれているため、違いがよくわからない…という人がいるのも当然です。しかし、水素水とアルカリイオン水には徹底的に違う点がいくつかあります。今回はその違いに着目して解説していきます!

水素水とアルカリイオン水の違いは生成方法にも

水素水とアルカリイオン水の違いは生成方法になります。といっても、共通する点もあります。アルカリイオン水の生成方法は「電気分解」方式のみですが、水素水には「電気分解」以外にも、「バブリング方式」「化学反応方式」の2つがあります。

電気分解で作られているものはどちらもアルカリ性の水になるため、生成直後にはどちらもあまり変わりありません。実は、アルカリイオン水にも水素が含まれているのです!
しかし、その後、ペットボトルに詰められて手元に届く頃にはただのアルカリ性の水になっている「アルカリイオン水」とは違い、アルミパウチなどに詰められる水素水は、水素量に違いがでます。水素水は、時間が経過しても水素がまだたっぷり含まれた状態で手にするこができるのです。

また、バブリング方式の場合、アルカリ性に傾かないため、中性の水ができ、飲用したときの味にも変化が起こりません。よりおいしく飲めるのは水素水だ、と言われる理由がここにあります。

サーバーなら水素水もアルカリイオン水も違いはないの?

時間が経過すると抜けてしまう水素の量が決定的な違いであるなら、アルカリイオン水を生成できるサーバーや生成器があれば、水素水と同じように水素を取り込めるのでしょうか?実際には、アルカリイオン水でも生成直後であれば水素を含んでいるため、ここに両者の違いはあまり見られません。

しかし、水素を豊富に含んだ「水素水」を作ることを目的として作られているものと、アルカリ性の水を作ることを目的に生成された「あるかいイオン水」では、水素の量に違いが出ることも予想されます。

やはり、水素を取り入れたいのであれば、素直に水素水を購入していたほうがいいといえます。

水素水にはさまざまな種類があり、取り入れ方もたくさんあります。水素水の種類について詳しくはこちらで解説しているので、チェックしておきましょう。

 
水素水の種類を知って比較してみよう!
 

TOPへ