水素水で五十肩もケアできる??

腕が上がらない五十肩にも水素水!

年齢を重ねてきて、ちょうど50歳前後で腕が動かせなくなるほどの痛みを感じる五十肩と呼ばれる症状は、多くの人が経験するつらいものです。そのケアに水素水が効果的だと期待され、医療機関のなかには水素水注射をしているところもあるほどだとか。今回は、五十肩と水素水の効果についてご紹介します。

五十肩の原因と水素水の効果

50歳前後で、肩やその周辺に炎症が起こり、腕が上がらなくなるほどの痛みを感じることもある症状を五十肩と呼ぶことがあります。片側だけに症状がでる、回復後は同じ側で再発することがほとんどないなどの特徴があります。

五十肩の原因はまだ解明されておらず、さまざまな要素がからみ合って起こっているとされています。そのなかの1つに、活性酸素の発生によって炎症が起こっているとするものがあります。活性酸素が発生することで、炎症が起こりさらに活性酸素が増大するという悪循環が生まれると、なかなか治りにくくなってしまうこともあります。

この活性酸素の除去に一役買うのが水素水です。水素水に豊富に含まれている水素には、活性酸素を除去する作用があります。水素水を飲用することで体内に発生した活性酸素と結びついて水になり排出されることで、五十肩の症状を軽くする効果が期待されています。/p>

五十肩ケアに水素水を利用するなら

五十肩のケアに水素水を使うときには、飲用では即効性が見込めないため、水素水注射をしてくれる医療機関を探したほうが早く回復できる可能性が高まります。しかし、水素水を治療に取り入れている医療機関はまだ少ないため、自宅近くに見つからないときには、水素水を飲んだり水素水風呂に入ったりして、ケアを進めていきましょう。

水素の効果は研究が進められているため、治療に利用する医師もいますが、まだまだ研究段階のものです。飲んだり、水素水風呂に入ったりすれば五十肩が絶対に治るというわけではないことは理解しておきましょう。

五十肩のケアでも出てきた、水素水風呂。その入り方や詳しい内容を紹介しているページがコチラです。

TOPへ