歯周病の原因を知っておこう

パーキンソン病の原因

ほとんどの人が経験している虫歯・歯周病

ズキズキと痛くなる虫歯や歯磨き時に血が出てしまったり固いものなどが噛みにくくなってしまう歯周病。食事を美味しく食べられない、楽しめないのは案外ツラいもの。 そんな、虫歯や歯周病に水素水との関係に期待が寄せられています。


虫歯や歯周病はなぜ起こるの?

ペットボトル水素水

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 口の中には300〜500種類の細菌が住んでおり、歯と歯肉の境目などの清掃・ブラッシングが行き届かない状態でおいたり、砂糖を過剰に摂取するとそこに多くの細菌が繁殖し、ネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきバイオフィルム(歯垢)となります。

バイオフィルム(歯垢)が蓄積されていくと、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりし、最終的には歯を支えられなくなるなどの虫歯・歯周病の原因となります。


水素水が原因菌のバイオフィルム形成を抑制!?

口内環境のケアにおける水素水の働き

ペットボトル水素水

歯周病の原因菌であるミュータンス菌とソブリヌス菌に水素水(水素濃度1.5ppm)を加え、60秒間の菌の形成を観察した結果、同条件で水道水を加えた検体と比較して、水素水を加えた検体の方が数値が抑えられる結果が得られました。

これにより細菌同士を結びつけるタンパク質の遺伝子発現が水素水によって抑制され、バイオフィルム形成を阻害していることが判明しました。


60秒の水素水うがいで虫歯・歯周病予防!?

たった30mlと1分で口内環境のケアにも…

近年の研究で、水素水に虫歯の原因菌に対して一定の効果を発揮することや、歯肉の酸化ストレスを抑え歯周炎を予防ことが報告されており、水素水の虫歯・歯周病効果が注目されています。

1日3回、30mlの水素水で60秒間うがいをすると、唾液に含まれる細菌量が著しく低下したことを示したデータもでてきました。 水素水は活性酸素との関係に注目されがちでした。 これから歯周病・虫歯などの直接的な影響をリサーチをすると新しい研究結果や効果が出てきそうです。

人気の水素水ばかりを集めて、さまざまな観点からランキング化しているので、こちらのページを参考に選んでみてください。

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ