水素水がもたらす妊婦への効果

水素水がもたらす妊婦への効果

水素水は妊婦にも胎児にも危険はないのか?

妊娠中は、自分のカラダだけでなくおなかにいる胎児への影響にも気を配らなければなりません。カフェインの摂取を控えたり、アルコールを飲まないようにしたりするのと同じように水素水にも何か気をつけるべき点はないでしょうか?

結論から言ってしまうと、水素水は厚生労働省にも認可されている安全な飲用水です。1995年に食品添加物として認められ、今も研究・検査が続けられているため、安心して飲むことができます。もちろん、胎児にも影響はなく、たとえたくさん飲んでしまっても問題ないとされているものなので、安心して飲用しましょう。


水素水はつわりにも効果的?!

水素水はつわりにも効果的?!

水素水の抗酸化作用よる代謝アップまでの仕組み

妊娠していると、胎児を守ろうと気を張るため、強いストレスにさらされることも多くなります。そうしたストレスによって乱れたホルモンバランスを整えてくれる効果やつわりで起こるさまざまな症状の軽減化、お腹が大きくなることやいきむのが怖くなることで起こる便秘など水素水の効果は幅広く期待されています。

つわりの軽減化には科学的根拠はまだありませんが、実際に「つわりに悩まされているときに水素水を飲んだらラクになった」という声はよく聞かれています。また、つらい症状によるストレスで発生した活性酸素を水素水が除去するから症状が重くなりにくいともされていて、その効果は期待がもてるといえるでしょう。

また、まだ立証はされていませんが、胎児の脳障害リスクを減らすという効果も期待されているなど、水素水は、妊婦だけでなく胎児にまでいい影響をもたらしてくれる優れた飲用水です。


妊娠中でも飲める水素水の効果はどうやって引き出されているの?

水素水の抗酸化パワーが妊婦をラクにするメカニズム

ホルモンバランスの乱れもつわりの症状も便秘も、その原因には共通の問題があります。それが活性酸素の存在です。
活性酸素は、細菌などを攻撃する免疫作用をもつものですが、数が増えると正常な細胞などを破壊してカラダにさまざまなトラブルをもたらしてしまいます。ストレスなどによる強い刺激がかかることで活性酸素は増加するため、妊娠中のカラダは活性酸素が増えやすい環境にあるといえます。

妊娠中のカラダのなかで活性酸素が増えると、ホルモンバランスが乱れたり、つわりの症状を悪化させたり、代謝が悪くなって便秘になったりします。そんな悪さをする活性酸素を除去する抗酸化作用をもっているのが水素水です。

水素水に豊富に含まれている水素が活性酸素と結びつくとただの水になります。人体に無害な水になると、汗や尿などで排出されていくため、活性酸素が安全に除去されていきます。副作用もないため、妊娠中でも安心して水素水の抗酸化作用に頼ることができるのは、これも理由の1つです。


水素水は厚生労働省にも認可を受けているから妊婦にも安心

安全性第一の妊娠中にも水素水はおすすめ!

厚生労働省に認められ、副作用もなく、妊娠中に取り入れやすい水素水は、さまざまなマイナートラブルを抱えやすい妊婦におすすめの飲用水です。胎児の脳障害リスクの軽減化効果にも期待ができ、ホルモンバランスの乱れを整えたり、つわりの症状が軽くなったりと効果の範囲が幅広いのもウレシイ特徴です。

そんな妊婦におすすめの水素水を選ぶなら、こちらのページを参考に使ってみてください。人気の水素水ばかりを集めてランキング化しているため、自分に合った水素水を選択することができます。種類の豊富な水素水は、じっくり比較して、納得して選んだものを飲むようにしましょう。

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ