ペットのカラダにも活性酸素は発生している?

ペットのカラダにも活性酸素は発生している?

ペットのカラダと活性酸素

人のカラダのなかでは、呼吸で取り込んだ酸素の約2%が活性酸素に変化しています。他にも、ストレスや炎症などによっても活性酸素は発生し、量が増えると本来の働きを超えて、カラダにさまざまな悪い影響を与えるようになります。
その活性酸素は、ペットのカラダのなかでも発生しています。特にペットとして飼われることの多い、犬や猫は人と同じように呼吸をしているため、活性酸素も同じように生み出されています。

そして、その活性酸素が原因で病気や皮膚炎、アレルギーなどが起こることもあります。また、ペットフードに含まれる添加物が、活性酸素をより増やす要因になっていることもあるため、ペットも活性酸素の悪い影響を受けやすいといえます。


ペットにとっての水素水効果とは?

水素水とミトコンドリアの関係

そもそも水素水が活性酸素を除去するってどういうこと?

水素水には活性酸素を除去する働きがあるといわれていますが、どういった仕組みで活性酸素を取り除いているのかを改めてチェックしてみましょう。

水素水は水素を豊富に含んでいる水のことです。そのため、水素水の効果や働きの多くが、水素のもつ力によるものです。水素は酸素と結びついて、水になる性質があり、それが活性酸素を除去する抗酸化作用につながっています。しかも、水素の抗酸化作用は活性酸素のなかでもカラダに悪い影響を与える悪玉活性酸素にしか作用しないため、いいものを除去してしまう恐れもありません。

また、分子のなかでも現在わかっているなかでもっとも小さい分子のため、カラダのすみずみにまで入り込んでいくことができます。そのため水素の抗酸化パワーはカラダにとってとても有益なものであるとされています。

ペットの活性酸素も水素水で除去できる?

ペットに水素水を与えたときの効果は実は、あまり研究が進んでおらずデータが少ないため、一概には言い切れないというのが現状です。しかし、数は少ないですが、アレルギーや皮膚炎などの治療の一環として高濃度水素水を与えたら、改善が見られたという結果も出ています。

また、水素水自体のもつ働きや効果を考えると、ペットの活性酸素除去にも効果が期待できるといえます。特に、腎臓の弱い猫には積極的に与えていきたい、という方も多くいるようです。


ペットに水素水はOK!抗酸化作用に期待

水素水の飲用はペットの皮膚炎ケアなどにも期待できる

残念ながら水素水を飲めば今痛い頭痛がよくなるわけではありません。しかし、継続的に水素水を飲むことで、偏頭痛が起こるのを予防し、頭痛を軽減することができる可能性はあります。

ペットに水素水を飲ませても、健康上、問題ありません。むしろ、ペットのカラダのなかの活性酸素除去に一役買ってくれることが期待できるため、飲ませてあげるほうがいいともいえます。

ペ水素水のもつ抗酸化作用は人だけでなく、ペットの健康や皮膚の炎症にも効果が期待できると知って、水素水を購入したくなったなら、こちらのページがおすすめです。水素水を人気順にランキングしているから、自分やペットに合った水素水が探しやすくなりますよ!

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ