パーキンソン病の原因を知っておこう

パーキンソン病の原因

パーキンソン病は神経細胞の減少で起こる

人は、カラダを動かすときに、まず脳からどこをどう動かすかの指令を出しています。この指令が電気信号となり、動かしたい部位に届き、思った通りの動きができるのです。
パーキンソン病になってしまうと、脳からの指令がうまく伝わらなくなり、思った通りにカラダを動かせなくなったり、勝手にカラダの一部が動いてしまったりします。

その理由は、脳にある「黒質」という部分が少なくなることで、神経細胞も減少してしまっていることにあります。神経細胞が減るとそこから出る神経伝達物質も少なくなるため、脳からの指令がうまく伝わらなくなることにつながります。

年を重ねると神経伝達物質も減っていくのですが、パーキンソン病のかかると、通常よりも早く黒質がなくなっていくため日常生活を送るのも大変になっていってしまいます。しかし、どうして黒質が早い段階で減っていくのか、その理由はまだ解明されていません。


有力な原因は活性酸素による影響、だから水素水が効果的

ペットボトル水素水

パーキンソン病の根本的な原因はまだハッキリとは解明されておらず、研究が重ねられています。さまざまな仮説が立てられるなかで有力視されているのが、「活性酸素による神経細胞の破壊」です。この説によれば、脳の中で発生した活性酸素が黒質を破壊しているのがパーキンソン病の原因だということです。

活性酸素は、ストレスや紫外線などたくさんの要因から発生するものです。もともとは体内に侵入したウイルスなどを撃退するための存在ですが、数が増えるとカラダに悪さをするようになります。

そんな活性酸素を除去することができるのが抗酸化物質です。しかし抗酸化物質の多くが、分子が大きいため、脳の中にまで入り込むことができません。そこで登場するのが、分子の小さい「水素」なのです。脳関門という部位を通過できる抗酸化物質「水素」が多く含まれた水素水がパーキンソン病のケアに活躍する、といわれているのはこのためです。

有力な原因は活性酸素による影響、だから水素水が効果的

パーキンソン病の根本的な原因はまだハッキリとは解明されておらず、研究が重ねられています。さまざまな仮説が立てられるなかで有力視されているのが、「活性酸素による神経細胞の破壊」です。この説によれば、脳の中で発生した活性酸素が黒質を破壊しているのがパーキンソン病の原因だということです。

活性酸素は、ストレスや紫外線などたくさんの要因から発生するものです。もともとは体内に侵入したウイルスなどを撃退するための存在ですが、数が増えるとカラダに悪さをするようになります。

そんな活性酸素を除去することができるのが抗酸化物質です。しかし抗酸化物質の多くが、分子が大きいため、脳の中にまで入り込むことができません。そこで登場するのが、分子の小さい「水素」なのです。脳関門という部位を通過できる抗酸化物質「水素」が多く含まれた水素水がパーキンソン病のケアに活躍する、といわれているのはこのためです。


水素水なら活性酸素を無害な水にして除去できる

パーキンソン病ケアにおける水素水の働き

水素と酸素が結びついているものはなんでしょうか?それは、水です。神経細胞を減少させている活性酸素を除去するのに、水素を使えば、活性酸素は人体に無害な水になって体外に排出されていきます。副作用の心配も少なく、自然な形で病気の原因と考えられる存在を除去できるというのは夢のような話です。

実際に九州大学とパナソニック電工の研究グループによって、水素水のパーキンソン病ケアや予防に有用であるという研究結果も発表されています。今もさまざまなところで研究が進められているため、今後の新しい研究結果にも期待がもてそうです。


水素の抗酸化作用でパーキンソン病が克服できる日が訪れるかも?!

水素水で活性酸素を除去!パーキンソン病ケアにも…

水素水のもつ抗酸化作用によって、パーキンソン病のケアにもつながるかもしれない、という話は、多くの人に希望を与えられるものです。水素水で治る、とはまだいえませんが、そう言えるように研究も進められています。

神経細胞を減少させている原因の1つとして考えられている活性酸素を除去できる水素水。試しに飲んでみてはいかがでしょうか?人気の水素水ばかりを集めて、さまざまな観点からランキング化しているので、こちらのページを参考に選んでみてください。

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ