水素水が肝臓にもたらす“いい”効果

水素水が肝臓にもたらす“いい”効果

水素と肝臓の関係

人体に組み込まれている内臓器官のなかで、「解毒」「分解」「代謝」「分泌」など生きていくうえで重要な役割を担っているのが肝臓です。
アルコールをたくさん飲んだり、高カロリーな食べ物ばかりを摂取したりしていると、肝臓はフル稼働しなければならず、解毒や分解できなかった中性脂肪が肝臓に溜まっていってしまいます。

そして、脂肪がたまった肝臓はやがて脂肪肝になり、肝機能が低下、肝炎や肝硬変へと発展し肝臓ガンになる危険性も高まります。

こうした肝臓やカラダに及ぶ危険を防ぐサポートをしてくれるのが水素の働きです。その水素が豊富に入っている水素水は、肝臓にさまざまな“いい”効果をもたらしてくれます。

まず、水素水は中性脂肪を減少させる効果が期待できます。また、脂肪肝になってしまった肝臓で多く発生し、肝臓の状態を悪化させる原因となる活性酸素の除去にも貢献してくれます。そのため、水素水のもつ肝臓の危機を救う力に期待と注目が集まっています


水素水の働きで肝臓の機能低下を防ごう

水素水の働きで肝臓の機能低下を防ごう

水素水が中性脂肪を減少させるメカニズム

水素水を飲むと、カラダの中に水素が流れていきます。体内に水素が入ると肝臓では、中性脂肪を分解するホルモンを分泌し始めます。このホルモンによって中性脂肪の分解が促進され、脂肪肝へとつながるリスクを減らすことができます。

また、もし脂肪肝になってしまっているときでも、水素水は肝機能を改善するサポートとして役立ちます。脂肪肝になると、肝臓の中で活性酸素が大量に発生し、それが肝炎や肝硬変の原因となります。

水素には、活性酸素を除去する抗酸化作用という働きもあるため、肝炎や肝硬変になるのを防ぎ、病気の進行を遅らせる効果が期待できるのです。
また、水素は悪玉活性酸素だけを取り除くことができるため、ウイルスなどに対抗してくれる善玉活性酸素はそのままに、悪さをしている活性酸素だけを除去してくれます。

その除去方法も、水素が酸素と結びついて水になり、そのまま体外へ排出されていくというカラダに害の与えないものです。
水素水は、肝臓だけでなくカラダ全体に害を与えずに、肝機能の改善を大きくサポートしてくれる肝臓の強い味方だといえます。


水素水の抗酸化作用により肝機能の改善も期待

肝臓の心強いサポーター「水素水」

水素水の抗酸化作用や水素が体内に入ることで肝臓から分泌されるホルモンなどによって、肝機能の改善や中性脂肪の減少など、肝臓にとって心地よい環境を作ることができます。水素水は、肝臓にとって心強いサポーターのような存在だともいえます。

肝臓の機能が落ち、肝炎や肝硬変になってしまうと、肝性脳症や食道静脈瘤、肝臓ガンなどの怖い合併症や進行性の病気になる可能性もあり大変危険です。そうなる前に、早めに手を打っておくことが肝心です。

肝臓の強い味方、水素水に興味が湧いてきた人にオススメなのがこちらの水素水人気ランキングページです。どんな水素水が人気なのかを知ることで、水素水の選び方も見えてきます。自分に合った水素水を買って、カラダの中から健康を目指しましょう!

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ