偏頭痛の原因の1つはミトコンドリア

偏頭痛の原因

つらい偏頭痛はミトコンドリアの代謝機能異常が原因

突然頭が痛くなる、偏頭痛という症状。さまざまな研究が進められていますが、未だにその原因やメカニズムはハッキリと解明されていません、そんな偏頭痛の原因の1つにミトコンドリアの代謝機能異常が関係しているという説があります。

偏頭痛は、脳内の神経伝達物質セロトニンが何らかの力によって一時的に増加し、血管を突然拡張させてしまうことで、脳内で炎症が起こることで痛みが出るとされています。ミトコンドリアは細胞のなかにいるものなのですが、セロトニンが過剰に分泌される原因がミトコンドリアの代謝機能異常である可能性があるそうです。

つまり、ミトコンドリアの代謝機能異常が神経伝達物質の過剰分泌を引き起こし、結果偏頭痛という形で現れているということです。これが、偏頭痛とミトコンドリアの関係だといわれています。


水素水とミトコンドリアの関係はどこにあるの?

水素水とミトコンドリアの関係

ミトコンドリアの代謝機能異常は活性酸素が招いている?

水素水とミトコンドリアの関係はどこにあるのでしょうか?そこには、活性酸素が関わっているようです。
ミトコンドリアが神経伝達物質に異常を起こす要因となる代謝機能異常は、活性酸素によって引き起こされています。そもそも、ミトコンドリアはエネルギーを作り出してくれているものです。その代謝が悪くなるということは必要なエネルギーを生成できないことになります。

活性酸素によって、さまざまな悪い影響が出るのもこれが1つの原因であるという説もありますが、まずは偏頭痛を軽減するためには、ミトコンドリアが元気になるために、活性酸素を取り除いてあげなければなりません。ここで、水素水が役に立つのです

水素水は脳内にも入っていき抗酸化パワーを発揮できる

水素水に含まれている水素は抗酸化作用がある分子ですが、とても小さい分子である、という特徴ももっています。さまざまな抗酸化作用のある物質がありますが、そのほとんどが大きすぎてしまい脳関門という脳に入るための部位を通り抜けることができません。

ところが水素は小さいため、脳内のミトコンドリアにまで届き、その周りにある活性酸素を除去してくれます。また、悪玉活性酸素というミトコンドリアの邪魔をするものだけに作用し、カラダに無害な水に変化させて体外へ排出するため、副作用の心配も少ないのがウレシイところです。


水素水の頭痛軽減効果は期待大!

間接的でも頭痛を軽減できるなら飲みたい水素水

残念ながら水素水を飲めば今痛い頭痛がよくなるわけではありません。しかし、継続的に水素水を飲むことで、偏頭痛が起こるのを予防し、頭痛を軽減することができる可能性はあります。

大切なのは、継続して水素水を飲み続けることにあります。では、どんな水素水を選べば、飲み心地よくコスト面でも継続して飲むことができるのでしょうか?その答えはこちらのランキングでまとめています。どの水素水が人気なのかを見て、自分に合ったものを選びとるようにしましょう!

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ