水素水は二日酔いに効く?

水素水は二日酔いに効く?

二日酔いはなぜ起こる?水素水がもたらす効果とは?

お酒を飲んだ翌日にやってくる二日酔い。あのつらい症状は、多量のアルコールの分解が追いつかず体内に残っているか、アルコールを分解することで出るアセトアルデヒドという毒素によって引き起こされます。また、肝機能が低下しているときにも、アルコール分解がスムースに行われず、二日酔いになってしまいます。

水素水には、肝臓の機能をサポートしたり、活性酸素を除去したりする働きがあるため、これらの二日酔いの原因を取り除く効果が期待できます。
アルコールを摂取しすぎると、中性脂肪が肝臓に溜まるようになり、それが原因で脂肪肝になる可能性があります。

ところが、水素水が体内に入ると肝臓で中性脂肪を分解するホルモンが分泌され始め、脂肪肝になるのを防ぐことができます。脂肪肝になってしまうと肝臓の機能が低下し、二日酔いになりやすくなるため、水素水には、お酒を飲む前から、二日酔い対策につながる働きがあるともいえるのです。


水素水が二日酔いを軽減する仕組み

水素水が二日酔いを軽減する仕組み

二日酔い対策として水素水に期待されているのは抗酸化作用

水素水が二日酔いを軽減すると期待されているのは、水素のもつ抗酸化作用です。アルコールが分解されることで発生するアセトアルデヒドは強い毒性をもった物質。水素水は、このアセトアルデヒドの毒性を打ち消すことはできませんが、この毒が存在することによって発生する活性酸素を除去することはできます。

活性酸素が多量に発生すると、カラダに悪い影響を与える悪玉活性酸素も増えて、二日酔いの症状に拍車をかけることにもつながります。水素水を飲めば、悪玉活性酸素と水素が結びつき、水になって体外へ排出してくれるため二日酔いが悪化せずにすむのです。

活性酸素を除去するだけでも、十分な働きをしてくれる水素水ですが、さらに、水となって排出をうながすことで、アセトアルデヒド自体も一緒に流してくれる作用もついてきます。
肝機能の改善からアセトアルデヒドの排出までサポートする水素水の抗酸化作用が二日酔い対策として注目されるのも納得です。


水素水の抗酸化作用で肝臓の機能を改善して健康保持

水素水は二日酔いの軽減以上の働きが期待できる!

水素水の抗酸化作用や肝臓のホルモン分泌をサポートする働きによって、肝臓の機能改善や健康保持への効果が期待できます。単なる二日酔い対策としてだけでなく、肝臓へのいい影響も含めて水素水は、どんどん取り入れていきたい飲み物だといえます。

まずは二日酔い対策として、ゆくゆくは肝臓のサポート役として、水素水を飲み始めたいという人は、こちらのページで水素水の人気商品をチェックしてみましょう。人気の高い水素水を集めてランキング化しているから、気にいるものが見つかるはずです。濃度や価格、美味しさなどを比較して、自分に合ったものを選びましょう!

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ