癌はどうして転移するの?

癌はどうして転移

癌が「転移」するとは?

癌と診断されたあとで気になるのが、転移していないかどうかということではないでしょうか。癌は、発生した場所から血液などを介してカラダのさまざまな場所へ移っていくことがあります。これが「転移」です。

血液やリンパの流れがたくさん集まる場所に転移することが多いため、肺や肝臓、脳などといったカラダの主要器官に転移しやすいといわれています。こうした重要な内臓器官に転移してしまうと治療が難しくなってくるため、転移はできる限り防ぎたいものです。

癌転移のメカニズム

癌が転移するメカニズムには、ミトコンドリアが関係しているという研究データがあり、注目されてきています。その研究データとは、ミトコンドリアのDNAが癌の転移に影響を与えているというものです。

転移しやすい癌のミトコンドリアと転移しにくい癌のミトコンドリアを、それぞれ入れ替える実験をしたところ、転移しにくい癌が転移しやすい癌に変わったという結果がでたそうです。また、反対に、転移しにくい癌にいたミトコンドリアが入った転移しやすい癌は、転移しにくい癌になったそうです。つまり、転移しやすいかどうかがミトコンドリアによって決まっているということがわかってきたのです。


抗癌剤シスプラチンと併用可能な水素水の仕組み

抗癌剤シスプラチンと併用可能な水素水の仕組み

抗癌剤シスプラチンの作用・副作用と水素水

抗癌剤として使われることも多い、「シスプラチン」という製剤は、癌細胞のDNAに作用して、死滅させる効果があります。しかし、腎臓機能には悪影響を与えてしまうという副作用もあるため、使用には注意が必要です。

そこで登場させたいのが水素水です。水素に豊富に含まれている水素は、抗酸化作用によって腎機能障害などにも効果が期待できるとされています。シスプラチンを使うことで起こる副作用が、水素水を同時に飲むことで軽減できる可能性が高いということです。

しかも、水素水の効果は悪玉活性酸素にしか作用せず、シスプラチンのもつプラスの効果である癌細胞の死滅化には影響を与えません。シスプラチンと水素水の同時摂取は理想的な組み合わせだといえます。


癌治療には水素水をプラスしてみよう

癌治療のデメリットを軽減してくれる水素水への期待は大きい

癌が転移して、今よりも悪化してしまうことや癌の治療で使われる抗癌剤の副作用を抑制するといった、癌と向き合い、戦おうとしている人のサポート役としての期待が高まる水素水。根本治癒に関係するわけではありませんが、治療をする上で大切なポイントとなるアイテムです。

早速、水素水を飲み始めたい、という人へ、おすすめの水素水をこちらでご紹介しています。ランキング形式になっているので、上位だけをチェックするのでも、気になったものをピックアップするのでも、水素水を選ぶときに、使ってみてください!

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ